FC2ブログ

素早く準備ができて息(ブレス)をたくさん吸えるようにするには・・・?

いつも、ご覧いただきありがとうございます

よろしくお願いします。ボイストレーナーの新谷健です。




写真-2015-12-23-8-03-14-e1452502593366

クロールは手を伸ばし進んでいくと、顔を水面に上げる。


一瞬でブレスを行なうようにしている。




歌うときに素早く準備できて息がたくさん吸えるようにできることが


理想なのですが、それが、歌によって狂わされてしまうのです。


『息=ブレスのみのトレーニングを行なってほしい』と、レッスンでは


指導をしているのですが、安静にしている時のブレスは鼻から吸って


口から吐きだすようにしますが、それでは、歌には使えません。


歌に使うためには、素早く、大きく、漏れないようにが必要となります。




それは、鼻からの吸入ではなく、口からの吸入をしないといけません。


口からのブレスをすると、口の中の空間が広くとれるようになるという


有効法なのですね。素早く歌詞や言葉を準備できますね。




声を響かせるためには、しゃべるときの母音をいかに広くとるか、


ということが重要です。




口の中が『お』の発音をしている状態、ベストポジションを維持しながら、


すべての歌詞や言葉を手際よくさばいていきましょう。


そのためには、ブレス時に、素早くこのポジションを作って準備


できていることが大事ですね。




それを、ブレスを鼻から吸うと舌が上がって口の中がいったん狭く


なるので、次への準備が間に合わなく遅れてしまいます。


良い声を出すためにはたくさんの息が必要です。瞬間に2Lくらい。




最大肺活量の半分くらいが、必要と思われます。個人差はありますが。


ボイトレではブレスのためにブレスに作用するインナーマッスルである


横隔膜を十分に使います。




でも、せっかく横隔膜を使える状態にしても、たくさん一瞬にブレス


ができなければ、良い声を出すことにはつながりません。




横隔膜はエンジンです。燃焼し爆発すると圧力を上げていきます。


ブレスはエンジンへの燃焼させるためのガソリンになりますね。


口から吸った方が素早くたくさんの息が吸えるのですね。


これは、呼気圧の高い、プレッシャーブレスの応用法ですね。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




最後までご訪問いただきありがとうございました。



この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

『歌を歌うときには適切な息の量を必要とする』が、さて適切な息の量とは??

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です





0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-4.jpg

安静時は一呼吸500ccとなるようです。歌うときには、数倍必要


必要なのか?普通のペットボトル500cc



一呼吸2000㏄ぐらいでしょうか?2Lのペットボトルをがぶ飲み


一瞬の間に吸うのです。スゴイ量ですね~


体格や性別にも差があるでしょうが!




歌を歌う時には、どのくらいの息の量が良いのでしょうか?


または、どのくらいを必要とするのでしょうか?


・・・という、あたりまえの疑問をお持ちではないでようか?


そこのところについて、話していきましょう~。


あまり息の量が多すぎれば張り上げた声になってしまい、


逆に少なすぎれば声が小さく、ひ弱になってしまいますよね。




では、息の量はどのくらいが、ちょうど良いのでしょう?


『適切な量』と言うのが正解ではありますが、適切って?


この適切と言うのは人それぞれ個人的にも差が生じますよね。


当然、体格や肺活量にもよりますが、基本的には話声が基本です。


話声に響きと圧力を加えたものが歌声と思ってください。




◆腹式発声のやり方です◆【喉で歌わないことが一番・重要】


腹式発声・・・腹式呼吸を応用する。腹式呼吸の方が有名ですが、


実は、腹式発声の方が重要なのです。お腹で声の出し方を調整します。


腹式呼吸で吸った息を、維持しながら丹田、下腹に力を引締め息を


吐いていきます。普段喋っている時はお腹から息を吐いていません。


喉で息を吐いています。




それじゃ~息はどこから吐いているの?


歌を歌う時に、息はどこから吐いていますか?


バカみたいな質問かもしれませんが、これが非常に重要なのですよ。


息は肺から器官を通って喉へ行き、口や鼻から外へと出ていきますね。


今度、 息を吸う時はこの順序の逆をたどります。


この動作は当たり前のことであり、息をしていれば、みんなこの


順序をたどります。




ここで、一番、重要なものは、意識をどこに持っているか?なんです。


『息は腹から吐くんだ!』・・・このように教わることが多いでしょう。


腹から息を吐くことには2つの意味を持っています。


・ ひとつは、腹式呼吸で声を出しましょう。


・ふたつ目は、お腹に意識を持って喉が力まないようにしましょう。


と思って言ってる方(指導者・トレーナーなども合わせて・・・)が多いようです。



お腹で歌うと言うのは、喉で歌わないということなのですが。・・・


また、これも感覚的なものになるので、わかりにくいかもしれませんが、


例えてみると、ため息でしょうね。


息を下腹に入れ、丹田のみに力を入れて息を吐きだす事でお腹から


息を押し出している状態になれます。




でも、普段の会話で使っている言葉は喉で息を吐いていませんか?


歌を歌う時はこれが一番の天敵です。


喉で息を吐いていると喉に力が入り、喉が開けなくなり、


腹式発声も出来なくなってしまいます。


これは脱力とも密接に関係していることではありますが、


意識の問題でもあります。




感覚としては、喉は通るだけ下腹から息を押し出したら、そのまま


口腔、鼻腔での響きに直結するように歌えるようになりましょう~。


声帯振動などを意識しすぎると、喉に力入ってしまい意識が喉に


集中してしまいます。



喉は通すだけ!・・・舌でジャマはさせない!!




◆息を向ける方向◆


発声の時は息を思いっきり吐くようなことをしてはいけません。


息は口の中に吐き、その口の中から息が外に漏れるという感じ。


では、その時に息はどのように口の外に出ているでしょう。


口に手を当てて空気を感じても、息が出ているというよりも漏れて


いるように感じるはずです。



息はどこに向けられているのか・・・?


これは、人によって感じ方が違うのでしょうが、


私の場合は、低音域は鎖骨辺りに向けて、中音域は鼻腔や後頭部、


高音域は眉間から頭に行けって感じですね。



これは音程によって響かせる位置を変えています。


響かせる場所に向けて息を吐いているんです。

でも・・・これはイメージにしか過ぎませんけど・・・。



これ以上は難しい解説は出来ませんが、このイメージが大切です。


わかり辛いお話しで恐縮ですが、また、見えないお話しですみません。


歌は、おしゃべりの延長線上にあり、適切な量の息を必要としています。


何ccとか、何グラムとか表示できないのですが、おしゃべりから、


ボリュームUPすることもトレーニングとして正解ではないでしょうか?


劇団の役者のように大きく、力強く、語って、しゃべってみてはいかが!!


ではないでしょうか?お試しください。これかな?と感覚があります。





僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

『暑さ寒さも彼岸まで』春のお彼岸!!お彼岸参り・これは日本だけの風習!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。



AS90077.jpg




今年、平成30年の春のお彼岸はいつからでしょうか?


お彼岸の期間についておさらいしましょう。


お彼岸は年に2回、春彼岸と秋彼岸がありますが、一体お彼岸とは


どのように決められる日なのでしょうか?


2018年のお彼岸はいつから?いつまで?お彼岸期間は?




◆春のお彼岸の時期


お彼岸の期間は、春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間。


お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのでしょう。


2018年の春のお彼岸


平成30年 3月18日(日)お彼岸入り・ 3月21日(水)お彼岸中日・


3月24日(土) お彼岸明けとなります。




◆お彼岸には何をするの?


お彼岸に何をするのでしょう?


元々仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて


修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)


に到達する」という意味をもちます。




今では私たちが普段使っている「お彼岸」という言葉は、修行を経て


悟りの世界に達したというよりも、彼岸の期間に寺院で行われる彼岸会


と呼ばれる法要や、先祖供養の意味で用いられることのほうが多いです。


「お彼岸にお墓参り」という文化は、仏教徒が多い他の国と比べても


日本だけの独特の風習です。



お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、


秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、


昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響している。


仏教においては、お彼岸の時期に真西へ沈む夕陽の向こう側にある此岸・


浄土の先祖を偲び、夕陽に拝み供養する仏事です。




今回は申しわけないのですが・・・^^^


今週お墓参りに行けないので、自宅からお墓に向かい、合掌します。


一週遅れでお参りの予定にしています。お花は、兄妹にお願いしました。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新