FC2ブログ

【横隔膜】ロングトーンと横隔膜トレーニングの関連性とは!?

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




92AFBDB8-229A-43B9-9C0A-35ED3E7F9470-300x200.jpg




私も以前は人前でなかなか話せなくて、詰まって緊張していました。


喉に力が入ってしまい、声帯にストレスがかかり、横隔膜が使えずに、


息が流れなくなってしまうために、声がスムーズに出なくなってしまう


状態が起きることがしばしばでした。



うまく声が出せないから、しゃべれなくて恥ずかしいと思っていました。


そして、人前で話すのが怖くなってしまって黙っていたのです。




これは、緊張やストレスで、息が流れなくなってしまうのが、


一番の原因でした。



声は息の流れで決まります。




声が震えるのは、息が震えるから起こることで、緊張やストレスを


おおかたの原因としています。




〇声の震えの対処法としては・・・


そこで『ロングトーン』でおこなう練習方法があります。


同じ母音で長く音を伸ばす練習何ですが、じつは、まっすぐにぶれなく、


声を伸ばすのは意外とむずかしいものです。


たくさんの息を使う声楽や、管楽器などの勉強をしている人は、


ひたすらロングトーンの練習をしています。


どんな時にでも、息が安定するように訓練しているわけですね。


わたしは、横隔膜トレーニングして息を流すことができるようになって、


ずいぶんと人前で話すことが怖くなくなりました。




そのほか、喉周辺のリラックスのためのトレーニングも行いますが、


まず一番は横隔膜を使えることです。




横隔膜がしっかりと使えていないと、いくら喉周辺のトレーニング


をしても、声は震えてしまいます。




発声する時は、まっすぐ、震えないで、長~く伸ばせることが、


できれば、いい声を出せる一番に必要な条件だと言えます。




ボイトレというと、複雑なトレーニングをやるのか?・・・と


思われていますが、そんなことはありません。



シンプルに横隔膜のトレーニングをくり返すだけで、


声は確実に良くなってきます。


歌声でもあり、話し声でも、効果はでてくることでしょう!!




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新