FC2ブログ

なかなか思い通りに動かない舌根!!【脱力トレーニング法】

いつも、ご覧いただきありがとうございます

よろしくお願いします。ボイストレーナーの新谷健です。




6-1.png




毎日、ボイトレや歌をやっていると、むずかしい問題に直面


することがあります。


それは、舌が思い通りに動かせないということなんです。


『そんなことかよ』と思いますが、切実な問題になってきます。




生徒さんたちに『舌を下げて、大きく開けて』と言っても『舌が、邪魔を


してるよ…』とペンライトで口の奥が見えない状態です。




『あ~んして・・・恥ずかしいから・・・』でも見えません。


日本女性は慎ましやかな傾向がありますが、鏡を持たせて見せると


『ホンマやね・・・』と納得されたが、いろいろと自分で動かしていたけど


何度やってもできないから、コツを伝えておきました。



舌の奥が盛りあがり、扁桃腺や口蓋垂(喉ちんこ)が見えない状態に


なってしまうのです。




ホントなら、喉の奥のアーチや扁桃腺まで見えるはずですが、固く


なってしまう舌根をなんとか柔らかくしたいのです。




下げよう、広げようとすれば盛りあがる舌をどうすればいいのかを


考えてみましょう。




舌の根っこ~舌根を柔らかくできればいいのです。根っこは、非常に


大きく、手の平と手首くらいはあるそうです。それが、喉仏にくっついて


いるようです。




それでは、簡単トレーニング法を3つ紹介しておきます。


①ストレッチ法。


・全身のストレッチ運動をおこなう。


・肩甲骨や肩を入念にほぐす。


・首を左右、前後、ぐるぐるまわし。


※ラジオ体操1を行なう。



②舌の柔軟体操。


・舌を下げようとするより、下顎といっしょに落とす。


・大きくあくびを意識して落とす。


・タンドリル、上顎に舌を当て『ルルルルルルルル・・・』。



③舌を思いっ切り出してアカンベ~したままで、『母音発声』


『あえいおうおあえ…』をくり返す。



④③の舌を出したまま、『あえいおう』と『チュ―リップ』を


咲いた咲いた、チューリップの花が・・・を歌ってみてください。



①~④を舌根のコリと運動のために、どうぞ実践ください。



最後まで、お読みいただき感謝いたします。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




最後までご訪問いただきありがとうございました。



この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

【体勢】体勢は動かさない。体勢は小さく。体勢は狭く。息だけを動かせるものか??

いつも、ご覧いただきありがとうございます

よろしくお願いします。ボイストレーナーの新谷健です。




shutterstock_552041857.jpg




初心者は、体勢は動かさないようにしましょう。


そして、体勢は小さく。体勢は狭く。それで・・・なおかつ


息だけを動かせるものでしょうか??



◆それではまず、息について以下をチェックしてみてください。



1)鼻からの息で、肩や胸をあまり動かさず、体勢を変えずに息を


吸ったり吐いたりできますか?



2)その状態で息をさらに深くしていった時、肩や胸を動かさず、


体勢が崩れないように息が出来ていますか?




3)鼻から、また、口から息して、同じように肩や胸が動いていないか?


体勢に乱れや崩れが起きないでしょうか?



4)さらに、肩や胸を動かさずに、体勢を変えずに、口からの息でしっかり


『スーッ』とブレス音が聞こえるように息が出来ているでしょうか?



5)上体の体勢を前に倒しながら、『スーッ』と音をたててゆっくりと


5秒かけて息を吸うことが出来るでしょうか?




※ポイントはとにかく肩や胸が上がらないようにすること。


※『スーッ』と息の音がしっかり聞こえるようにすることです。




・息を一気に吸ってしまって、ゆっくり吸えないよ・・・。


・たった2秒でいっぱいだな・・・



じつは、そうなんですよね。


みなさん、吸いすぎてしまうのですが、たくさん吸えていません。


息の量はちょっとだけど、息の音が聞こえるように息を吸ってみて


ください。息を吐くことはできるけど、同じように息を吸うのがむずか


しいのです。




レッスンでは、息のコントロールをやりますが、息を吸ったり吐いたり


だけしかやっていませんでした。



たかが・・・これだけなのに、これってなかなか難しいんですよね。


なにがって、意識しながらの5秒間。それを意識しながらやるのが


非常に難しいのです。



無意識にはけっこう日常的に出来ているんですが、しかも、浅いから。


でも意識して出来なければ、息のコントロール思うように出来るように


なりません。



とにかく、体の体勢が上がっていかないように、床を押していくような


イメージで息を吸ったり吐いたり出来るように練習してください。


寄せては返す波のように・・・吐いては返す、吸っては寄せるように。


ゆっくり、長く、たっぷりとたくさん・・・が基礎体力であり、基本の体勢


であるということです。



今日から、参考に実践してみてくださいね。



【追記】


文頭に書きました、初心者といのは、歌のキャリアが長い短いでは


ありません。息のコントロールが吐く息で20秒できない人。


吸う息で5秒できない人。息の初心者ということです。


あなたは、吐いて20秒、吸って5秒かけられますか?




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




最後までご訪問いただきありがとうございました。



この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別更新