FC2ブログ

『声が良くなる練習法』とは、吹奏楽の練習法を応用すること!!それは??

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。


ご覧いただき本当にありがとうございます。






20170307162617.jpg





『声が良くなる練習法』とは、吹奏楽の練習法を応用すること!!



それは??・・・についてテーマUPしました。



それでは、どういうことか詳しく見て行きましょう。





歌は、ほとんどの方が苦労なく簡単に始めることができます。



楽器のように楽器を置く場所の用意が必要ないからです。



誰でも簡単に始められるということであって、ホントは簡単では



ないのです。




「簡単」というイメージが強すぎ、体の訓練をしないということでいえば



音楽業界では最悪となっています。




体の訓練も出来ていないので、息のコントロールが出来ず、



息も続かない。ただ、吠えるだけになってしまうのです。



これをメロのせいにしてしまう人が多いのですが、息のはき方に



問題があるのです。問題の取りちがいになっています。




吹奏楽をやっている人はロングトーンのトレーニングを行います。



このロングトーン、ボイトレで、ほとんど行いません。



すぐに音階を歌い始めてしまい、ロングトーンをあまり重視して



いないところが多いのです。




「ロングトーン」=同じ音を長く伸ばすことです。



管楽器の人は、ロングトーンを永久に続くのではないかと



思うほど同じ音を何十分もずっと吹き続けています。


曲の練習にいつ入るのかと思うほどです。



ロングトーンを行うと、体が出来てきて、息が長く続くようになり、



歌うときに、しょっちゅうブレスをしなくてすむようになり、



息切れしなくなります。




よく息が続かないことを肺活量と思われる人がいますが、これは



肺活量の問題ではありません。




肺活量じゃなく横隔膜を鍛えて息の流れを作らなくてはならないからです。




このとき、へそ下9センチくらいの場所を常に重点的に意識します。



これは、「支え」という場所=丹田です。




〇支えの丹田を息を吐いても吸っても常にパンと張る。



〇息を吐き続けます。



〇どんなに苦しくなっても「支え」から外れない。




この訓練を続けることで、丹田と横隔膜も訓練されます。



ロングトーンの最後までしっかりと意識して終わることです。



これを毎日、歌を歌う前の準備運動に応用してください。



歌うことは、楽器演奏と同じことです。身体は、ロングトーンで



鍛えて作っていきましょう。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

沢田正人君がキャンペーンにカラオケホルンさんに来店!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。









昨日は、キャンペーンのために東京から和歌山に来られました。




デビュー前から見ていましたので興味深々でお会いしました。


きっかけは、『かあちゃん』での大会優勝により、


作曲家・樋口義高氏の目に止まり弟子入り。



◆プロフィール




本名: 同じ


誕生日: 何年?11月2日


出身地: 滋賀県米原市


身長・体重: 174cm 58kg


血液型: B型


家族: 父・母・弟


免許: タイ古式マッサージ


趣味: パソコン、買い物(洋服)、観葉植物


好きな食べ物: イチゴ、パフェ、


カレーライス、サラダスパゲティ


幼少のころより両親の影響で


(両親がカラオケ愛好会やバンド活動に参加)


演歌・歌謡曲に親しみ、


19歳の時に歌手を目指し上京。


2011年カラオケ大会出場時に


作曲家樋口義高の目に止まり弟子入り。


2012年8月29日に徳間ジャパンより


「薔薇の涙」で全国デビュー。










■受賞歴


・2010年


  第20回江戸川区長杯争奪カラオケ大会 銀賞


・2011年


  東京えんかフェスティバル2011 グランプリ


・2012年


  第28回日本アマチュア歌謡祭 部門別グランプリ





※その他多数のカラオケ大会で優勝、賞を獲得。




デビュー6年目に入り一段とスター性が上がってきました。


人間性にも恵まれ歌にも味が出てきておりお客様のハートをグッと


掴める歌手だと思います。


2017年に出したCDは幅広い世代に好まれ私や中高年の皆様の20代の


頃を思い出させる1曲です。是非皆様も一度お聞きになってください。



ちなみに曲は【24時間そばにいて】です。20代に戻れますよ~!





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/




最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

『声がホントに調子よく響いている』というのは、『声が自分を離れて鳴っている時!?』

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






316.jpg





「声が良く出ている」と手ごたえを感じるときはあまり響いていない



『声が良く出ている』と感じるときは、響きが出ていない!!



「今日は良く声が出ている。調子がいい。」と手ごたえを感じるとき。
 


実はそういうとき、聴こえているのは自分だけで、外にはあまり響いて



いません。これは、意外かもしれませんが・・・!!
 




本当に調子が良く、よく響いているときというのは、声が自分を離れて



遠くで鳴っているように感じます。





それでは、どのようにして響かせればよいのでしょうか?
 


上手な人とそうでない人の大きな差は響きのポジションだと思います。



そのポジションとは鼻より上の響きなんですが。



これは、教えてすぐにできるものではなく、人によってそれぞれで、



自分の響きは自分で探して獲得するしかないと考えます。
 




ご機嫌なときに「フ~ン~フ~ン♪」と自然に出てしまうハミング。


声はハミングによって変わります。





◆その響きのやり方は簡単です 




(1)唇をつけて口を完全に閉じる。
 


(2)舌をべったり上顎につける。口の中の空間をなくす。
 



(3)「ム~~」とハミングでロングトーン。
 

(4)中くらいの音から高い音まで練習する。
 




◆そのポイントは




・特に高い音を集中的に行う。



・響きが鼻の後ろをとおり頭に上がっていくのをイメージ。



・息が詰まって止まりやすいので、なるべく息を通す。




とてもシンプルで簡単ですが、きちんと行うと意外と辛いです。



息や声が通らないということは、響いていませんし、ポジションが



下がっています。
 



これなら響きが一段上がってきます。
 


しかし、このトレーニングで目指すところは鼻より上の響きです。



トレーニング効果がでて良くなってくると、歌っているとき、声に



手ごたえを感じなくなり、遠くで鳴っているように聴こえはじめます。



こうなってくると、響きの獲得まであと一息です。
 



ハミングですから音量も小さいので、普通の部屋でも十分練習できます。



ぜひやってみてください。実戦あるのみです。ガンバ~♪~




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。

この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

『下っ腹をハル!丹田をハル!』・・・体幹のハリで声が張る!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





ライザップゴルフ-520x245




ボイトレの方法では、下っ腹をハルという練習ほうがあります。


下っ腹・・・へそ下9センチの場所にある丹田という場所をハリながら


息をはく練習をします。




ゴルフをされる方が


「これ、ゴルフのショットを打つときも同じです。」


と話していました。


「打つときは、下腹をはる、ということです。リラックスしながら力が


発揮できるからです。



なるほどね、同じだったのですね。納得してしまいました。


つまり、何かの動作をすると、変なところに力みがきてしまいます。


でも、丹田をはることで、体幹を使えるようになり、余分な力が


ぬけて、パワーが発揮できるのです。




それは、声を出すときも同じです。





丹田をハルことで、横隔膜が使いやすくなり、のどに力みが


来なくなるのです。





酒屋さんが、腰の低い位置でしっかりと前掛けをしばっています。


あれは、重い酒瓶を運ぶときに、丹田に力が入りやすくしている


のだそうです。



引っ越し屋さんでもそうです、重い荷物を運ぶとき、息をはきながら


「ふんっ」と持ち上げますが、お腹はへこんでいません。




私は、最初なかなか丹田をはりながら発声することができませんでした。


そこで、骨盤ベルトをギュッとまきながら練習しました。


ベルトの圧力を押し返すように下腹をはって発声することで、声が


よくなるのです。




息を吸うときも、なるべく大きく身体にとりこむように吸うようにします。


今でも、時々は骨盤ベルトをしながら練習していますから。




ご覧いただき参考になりましたら、実践にお役立てください。ガンバ~♪





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

【大地震お見舞い】予定を変更してお見舞申しあげます。

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






【大地震お見舞】『大阪北部地震亡くなった3人。負傷者307人に。


今朝の防災速報には、大きな揺れを感じました。


被災されました皆さま、また、ライフラインや交通アクセス等では


非常時となります。くれぐれもご用心ください。


 

消防庁のまとめによると、18日午後5時現在、大阪府内で3人の死亡が


確認されました。負傷者は2府4県で計307人。内訳は大阪府260人、


兵庫県26人、京都府15人、滋賀県2人、三重県2人、奈良県2人。


建物被害は大阪府で一部損壊が3件、奈良県内でも一部損壊が3件


ありました。午後3時半現在、大阪府内462カ所の避難所に1136人が


避難しているほか、奈良県内4カ所にも避難所を開設している。




 大阪府警によると、亡くなったのは茨木市の後藤孟史さん(85)、


高槻市の三宅璃奈さん(9)、大阪市の安井実さん(80)。


ということです。3名の方々のご冥福をお祈り申し上げます。



また、今後の、余震が考えられます。ご用心ください。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/




最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

なんでだろう??歌うときは腹式呼吸・・・プラス何が必要となる??

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





歌 腹式呼吸




発声のトレーニングで『息を吸って〜お腹をふくらまして〜息を


吐いて〜お腹をへこませて〜・・・』をやったことがありますね。


これは、腹式呼吸としては悪くないのですが、この方法では良い声は


出るようになりません。




ここで良い声を出そうと思ったら、お腹はへこましてはいけません。


つねに張りっぱなしの状態なのですよね。





他にも、足に力をいれたり、腹筋運動をして頑張ったり、うるさいところで


聞こえるように思い切り声を張り上げたりするようなトレーニングも、


声帯に力みが入ってしまい、良くありません。





声帯とは、なかなか思い通りに動いてくれない部分です。


だから、無意識に行った力がなかなか抜けられないのです。


やればやるほど声帯に悪い癖がついてダメになります。




声帯はとてもデリケートですので、無理矢理、大声を出したりすれば、


すぐに疲労します。



聞いているほうからすると、実際、声は通らず、うるさいだけで良い


結果につながりません。



発声をするときは、横隔膜という肺の下にある呼吸をつかさどる筋肉


だけが頑張るのであって、他はすべてリラックスさせたいのです。




それをするには、力を入れずに自然にまっすぐに立って、おへその


下9センチあたりのお腹を張るだけのことです。



わたしたちは「リラックスしましょう~!」と言われても、本当にリラックス


させることは至難の技です。




ただ、このへそ下9センチの場所(丹田)を張るようにすると、横隔膜が


使いやすくなり、身体の他の部分もリラックスしやすくなります。






お皿の上のプリンをイメージしてください。お皿は固くしっかり、上のプリンは


フニャフニャ・・・やわらかいですよね。




お腹はお皿で、身体は、正にプリンになっているイメージです。


それを考えると、一般的な発声方法は、本当にいろいろなところが力み


すぎていて、わざわざ悪い癖をつけているようなものです。


発声の悪い癖は一度、身につくとなかなかとれません。




私も以前は、古い発声方法を習っていました。それが良いとばかりに、


ひたすら信じてやっていたのですが、後になって悪い癖をとるのに長い


時間かかってしまったのです。




最初からリラックスする発声方法を行っていれば、こんな時間の無駄は


なかったと思いますね。





では、本日は、まず一番の基本である良い発声のための


呼吸トレーニングをお伝えしましょう。



この方法を行って、力まず下腹を張る感覚を覚えてくださいね。




1)壁に背中をつけて立つ。



2)顎を下げて口を開ける。肩を上げず、下腹を張りながら「ハア~」と


大きく息を吸う。もし、わからなければ誰かに軽く下腹を軽く押してもらい、


それを張り返すつもりで行う。


※下腹はしっかりと前に出て、さわるとパンと張っている。このとき、


下腹を無理に出そうとして壁から背中が離れない。 



3)そのまま息を5秒とめる。下腹は張ったまま。



4)下腹を張りながら「ハ~っ!」と一気に息をはく。
 

息をはくとき喉で小さく「あ"っ」という言う音がしたら喉で


とめているのでよくありません。「喉止め」しないコツは、お腹の頑張りに


集中すること。喉の周辺がリラックスしやすくなります。いくら良い呼吸を


していても、「喉止め」をしている限り良い発声はできません。


喉で音がしないようになるまで練習すること。
 


5)上記を何回か繰り返す。慣れてくればお腹を押してもらわなくても、


できるようになります。



息を吸っているときも吐いているときも、出来るだけ下腹は「パン」と張った


状態を維持するように練習をしましょう。



今日も、お役に立ちましたら、ぜひ実践してください。ガンバって!!




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

【客観】声が良くなるためには『もう一人の自分に聞く』

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






shutterstock_115603189-20160601143057-500x334.jpg

もう一人の自分と遊ぶ、かわいい赤ちゃん!!ママ・・・だあれ?





【客観】声が良くなるためには『もう一人の自分に聞く』


が今回のテーマUPです。読み進んでくださいね。





・上手いと思ってたカラオケ、なぜか?ほめられない!!



・自分は完璧に歌えていると思っているのに、先生によく注意される!!



・他人からよく”聞こえない”と言われる!!





こんな経験・・・ありませんか?





じつは、声ほど自分のことを客観視できない『楽器』です。


ピアノなどの楽器は、音を出す部分が自分の身体からある程度離れて


いるので、音は空気を伝わって耳に届き、客観的に「思い通りなのか?


違うのか?」というのは聞いた感じとあまり大きなズレはありません。





・・・それでは『客観視』できないのは、なぜでしょうね?





声は声帯という身体に内蔵された楽器から音を出すため、自分の声


というのは骨を伝わり耳に届きます。





耳をふさいでいても自分の声は良く聞こえますね?


これが、いわゆる『骨伝導』です。




でも実際に他人が聞く音は、器楽と同じように空気を伝わって届く


『気導音(空気中を伝わる)』ため、自分が確認できる音とは大差が


生じるのです。





だから、録音した音、それが他人が耳にする本当の自分の声です。



自分の声を録音したときは衝撃を受けました。


『え~っ!!違うよ・・・・』




私は自分の声を定期的に録音することにしています。


そして、それを何度も聞いてチェックします。




もう一人の信頼できる先生につくことも一つの方法です。


自分のことを冷静に聞いてくれる他人は、お世辞抜きで率直にものを


言ってくれるものです。





そういう人と出会うことが出来れば人生も声も変わるはずです。




声が良くなるためには、まずは己を知ることではないでしょうか?。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。


関連記事

歌が上手くて呼吸の上手な人は『ン〜プハァ!ハア~』ボビングをやっている!?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





4fd4e906d48b4e9dbce6212ba22f0101_s.jpg

水中のボビング・ブクブクができない・・・まだ不慣れかな?





歌が上手くて呼吸の上手な人は『ン〜プハッ』をやっている!?



◆水泳の練習法をいただく!!


調べて、一番良かったのは『ン~プハァ!ハア~』とするといいという


アドバイスです。




息継ぎをするときに、残っている息をまず『プハァ~』と吐いてから、


息を吸うというものです。




そうすると、口や鼻に水が入りませんし、息を吐き切ることで、


次の息を入れやすくなります。




息を吐き切らないところで、次の息を吸っても、十分に吸い込めず、


苦しくなってしまいます。




このとき、「あれ?これっボイトレや歌と同じだなあ」と思います。


優れたボーカリストは、息が長く、またブレスの仕方も上手いものです。




その一つに、『フレーズの終わりで息を吐く』というものがあります。


息継ぎをする前に、フレーズの最後で残っている息を『プハァ~』と吐いて、


『ハア~』と息を吸ってブレスをするのです。





歌が上手な歌い手さんの声をそばでよく聴くと、フレーズの終わりで、


ビールを飲み終わったときの『ン〜〜プハァ』という息がしています。




そして、その後、次のフレーズのために息を吸うのです。


長いフレーズで、途中で息を盗まず、休符やフレーズ終わりで『プハッ


ハア』がある人は『ええ~やるなあ~』と感じます。




歌うときの歌い方としては・・・フレーズの移りのところで。


プールで息をはく時の『・・・ン~プハァ~』と同じ感じです。


この『ハア~ha~』を多めにすると、どんどん色っぽい感じになります。




下手な人は、フレーズの終わりまで責任を持っていないので、大抵


この『プハァ~』がありません。




この『プハァ~』が良いところは、息をはくことで、次の息も入ってくると


いうことです。フレーズを息長く歌うコツでもあります。




息を吸うことも大切ですが、ぜひ『息を吐く』そして、『息を吐いて終わる』を


心がけてください。




歌が上手くて呼吸の上手な人は『ン〜プハァ!ハァ~』をやっている!?と


テーマUPしました。参考になりましたら、ぜひ実践に役立ててくださいね。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別更新