FC2ブログ

首がガチガチになる人の・・・対策は^^^!?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






201704_02_resipe1_01.jpg

首がガチガチになる人の・・・対策は^^^!?



・・・について教えるようにしています。





『喉を開け』ということ。。。



『舌を下げろ』ということ。。。





正しくは、喉仏の位置が変わり自然な響きが失われることがある。



たしかに、『喉を開け』とほとんどの指導者は教えているが、



舌の位置、喉仏の関連は曖昧なものになっているのが事実。





先日も、前記のように『やってみて・・・』と様子を見ていた。



開いているような、急に『声楽家』っぽい『ウオ~っ』となる。



思わず、悪かったけど『え~っ!それなに?』と笑ってしまった。






『でも、言うようにやってます!』と言われちゃって・・・ごめんすみません。



『笑わないでくださいよ!!マジメにやってますけど!!…』である。





よ~く口~喉~首まで、観察すると、ここだ!!と気がついた。



わたしも、生徒のころは、”声楽家のモノマネ”でやってしまった



と思いだした。最初は、みなさんが同じ道を通るんだよ。



低く。太く。大きく。不自然な。・・・響きのない。






それは、喉を開く行動と舌を下げる行動と意識が、反発し



舌根の強靭な筋肉が戦っているからであった。



舌を下げるが舌の根はカチンカチンの状態であるからと感じた。




首に触れると、柔らかさがなくなっていた。




横に広がり、筋だっているから、こりゃ~ダメ!!だった。



そのまんま、歌うと段々と『かすれ』や『反転』となってしまった。



終わってからの、自己反省では、喉は広く開き、舌は下がり?





そればかりに、過剰な意識が行って強くなりすぎ、せっかくの



開いた空間を、また、狭めるように舌の中間が上がろうとした。



それが、舌の自由を失いカチンカチンに首を固めたようで。



また、喉仏(甲状軟骨)を固めてしまったんですね。





反省とすれば、



・喉を開くこと。



・舌を下げること。



・舌根をリラックスさせること。



・無理やりさげようとすれば、首がカチンカチンとなる。



いきなりの喉の開く。舌を下げるは出来ないのでした。



舌根をほぐすことと脱力から入ることだった。



当然ですが、首周りの筋肉のほぐしやストレッチはやりましょうね。



失敗は成功のもととして反省したんです!!



参考になりましたら、お試しくださいね。ガンバ^^^ですよ。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

声をどこで感じますか?声の通り道が見えますか?


こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






80756cd9bfb7eebb2e797edbb5f59e36.jpg

”道は一本じゃない、真っすぐでもないよ!!”





口の中?、どこで、どのように感じますか?



に対してほとんどが・・・



『え~っ、そんな、考えてもないから・・・』



これは、非常に大切なことだとわかります。




『あ』の口を開けて、そのまま大きく口で素早く息を吸う。



そのときの息が当たる位置を感じましたか?




もう一度、やりますね。『あ』と口を開けて息の当たる位置を



もう一度、感じてくださいね。




息をどう感じるか、どの部位に息が当るか?



入って、どのくらいゆっくりと時間を持たせて吐きだせるか?



少しむずかしいですが、



自分の息や声の当たる感覚を研ぎ澄ますと、偶然な声じゃなく



必然となるのです。たまたまでは、ダメなんですね^^^





このようなトレーニングは、息と声の当たる部位を認知するため、




声と息とが合わさる場所というのは、外部に響きを感じる部位です。



顔であったり、頭であったり、手を当ててみましょう。



そこを常に意識して、息で道筋をつけ、声を追っかけるんです。



考えてると、むずかしくなりますが、息の当たる部位、声の通る



ルートを外に置く感覚を感じて練習してください。




息を吐いて、止める、声を少量出して行く。



小さな声から、コツコツと少しづつ、いかがでしょう?



わかりにくいかもしれませんが?試してみてくださいね。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

南の空には、すじ雲やウロコ雲が見えます。秋の雲かも?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






kenun.jpg

高さのある雲ですね。上空10000Mらしい!!




秋になって、日本の上空を流れる偏西風が次第に強まるようになると


天気が西から東へ変わり、現れる雲の種類や特徴が変わります。




秋の空の主役と言われる雲は、うろこ雲・ひつじ雲や天気が悪くなる



前の低気圧が接近する時に高い所で現れるうろこ雲・ひつじ雲と



呼ばれる横に広がる雲が特徴です。





秋の雲には特徴があり、秋を感じる事ができます。



夏の間は強い日差しにより発生するもくもくした雲が中心でした。




このブログを書いている途中に南の空を観察していますと、



横に流れる特徴が見られますね。



今日も34℃の日中ですが、確実に秋に向かっていますね。



昨夜の、流星群ですが残念ながら、周囲が明るいから肉眼では



十分に見れませんでした、雲のすき間、北東の空、眺めていました。



まだ、今夜も見れるかもしれませんよ^^^。北東です。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

『共鳴が多ければ大ほど』声は豊かに響き、声量も自然と上がる!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






DShlUHwUIAAKbWJ.jpg

響きのいい音色は?どこから?





鼻腔とは響きとして中音域に位置し、低音域でも高音域でも響きを



感じることができる。



共鳴が多ければ大ほど声は豊かに響き声量も自然と上がり、



声に厚みを加えることができる。




声量を上げようとして息の量を増やしたりしても共鳴が増えない限り



声量は上がらない。



声量の「量」は発声では、息の量ではなく響き、共鳴の「量」を示す。


声の厚みも同じ。




息の量が多すぎると、上手く共鳴を得られない、特に高音は強く息を



使ってしまうが、高音域ほど優しく息を送り込まないと綺麗な響きは



得られない。





《響きにより声の変化》





鼻腔共鳴以外にも共鳴を得られる場所は多数存在する。



喉頭腔、口腔、胸などが共鳴を生む主な場所。




例えば、低音は喉頭腔に強い響きを感じることができ、



ただ喉頭腔は高音になればなるだけ共鳴させるのが難しくなり、



ある一定の音に達した時に喉頭腔の響きを手放し鼻腔、口腔などに



メインの響きを移してしまうと響きが変わり声色が変わってしまいます。



カラオケなどで低音は綺麗に響くのに中音、高音になると声が薄くなって



しまうと感じる人はこの現象が起きている。




今回は共鳴について参考に書いてみました。どうぞ、お試しください。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。


関連記事

9月4周年2000本に向かいブログ量産体勢です!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






来月でブログ開設して丸四年となります。現在、1950本まで



来ていますが、2000本にやや遅れ気味のために。。。



今日よりブログ量産いたします!!ご覧くださいねポチ!!



ご覧いただく皆さまには、『最近あれ?増えてる?』となりますが、



ガンバって私も書いていますので、ガンバってご覧くださいね。



わたしの一方的な、量産ですが^^^よろしく^^^^です。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別更新