FC2ブログ

歌は芸術でしょ・・・スポーツのように「得点」では 決まらない!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






P7k.jpg

この道には、何がありますか・・・?





歌は芸術であるから、スポーツのように「タイムや得点」では



勝ち負けが決まるわけではない。




ホントは、評価するだけのたくさんの、



価値観の数はあるのか?と感じる。





わたしの考えは、ホントはコンテストや審査は好きではないのです。



エントリーの歌を審査員が聴き、それで順位を決めること。





「あれ?この人は受賞しなかった!聴く耳がない」と思う人が



キッと、いるでしょう?





これは、個人の好みが左右させていることがあります。



普通に歌を聴いても、「この人が上手い」や「勝っているよ」



と平気で口にすることもあります。





だから、第三者の話す言葉に自分の信念を曲げることは



しないようにする。



自分と言う人間の、価値観を信じる!!





個性や個声や感性など・・・評価できないものがたくさんある。



それを過度に気にすることはない。ケンカすることもなく、



見る目がない!聴く耳がない!と思っていましょう。





指導者につく場合も、あなたの個性、感性、個声を引き出して



くれると思う先生につきましょう。





自分を信じる!自分を好きになる!優劣で考えない!



自分はどうしたらいいか?わからない時、迷う時には、





あなたが心から好きなものを信じる。好きなものを貫くこと。



人の意見を聴かない人間か?と見えるかもしれないけど、



自分の軸がしっかりとしていると言える。



今日は、メンタルな考えを述べましたが、参考になりましたら幸いです。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

ボイス・トレーナーによって違う指導法!!あなたに、なにが合うの?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






DLARGE.jpg





1)喉頭を中心としたコントロールする喉頭筋群のボイトレ




2)呼吸を中心としたブレスコントロールする呼吸筋群のボイトレ





トレーナーによって1と2の重点の違いでレッスンの内容の差が



生じますね。





1)の喉頭派は、とても呼吸の事が曖昧です。  




たとえば、腹式呼吸の説明も
 


「腹式呼吸は、寝ている時に行っている一番自然な呼吸法です」
 


「自然な腹式呼吸」ができていれば特に問題はありません



「発声のための声帯にゆっくりと息を供給する腹筋の柔らかい動き」
  



とか・・・このような扱いの話しをしているのですね。 



じつは、自然な睡眠時の腹式呼吸と発声の腹式呼吸とをはき



違えているのです。






2)の呼吸派は、身体と深い息と身体づくりから入ります。
 



最初に息吐きを中心としたトレーニングです。
 


喉は、無くても息から声を出す感覚にします。
 


腹式呼吸も体幹部、股関節まで及ぶ「息支え」の感覚や技術から
 


喉の自由度(開く)喉頭筋へと進みます。





この立場の違いは、
 


アメリカ式の発声法の指導者は、1)の立場をとっているようです。



欧米人と違い日本人の浅い呼吸・日本語の制約など

 

日本人の特性からの指導者は、2)立場をとっています。
 
 

私は、2)の提唱者として呼吸・息を大切に考えます。



呼吸が100%を占めると思って呼吸派の存在です。



欧米人は、すでに深い息なのです。共鳴の高い発声者が多いのです。



日本人は、胸式の浅い息が日常生活の大半です。
 


欧米人は、既に、喉に力が入りにくい発音をしているのです。



日本人は、喉に力が入り易い日常の発音をしているのです。

        
 


個人の差にもよると思いますが、喉を力むクセのない人は



1)からでも いいのかと思いますが、




また、 今はマイクの性能も良くパワーもさほど求められません。


ガンガンと大きな声を張り上げることも、いかにも引いてしまいます。



ただ カラオケ愛好者で喉に力の入り易い人は、



2)から喉に代わる支え感・息支えの感覚が必要だと思いますね。




腹式呼吸は、決して「強い息」を作るために支えるのではないのです。



むしろ、胸部のリラックスと呼吸を体幹にわずかな力の合わせで担わせ



呼吸と喉の反応を良くするためと考えます。



わたしは、声を鳴らすことから始めません、息を整えコントロール



することから、わたしたち日本人は、馴染んでいくことが、




胸式呼吸から腹式呼吸に、さらには、腹式発声につながると信じて



呼吸や息のテーマが多いということをご納得くださいね。



参考になりましたら、お試しください。今日も・・・ガンバ^^^よ~♪





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別更新