FC2ブログ

【シンプル】『発声の”とっさ”の状態』には、シンプルがベスト!!


こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





「とっさの状態」には、シンプルな対応をする。



それがなぜあまり良くないのかと言うと、



「危ない!」・・・と声をかけられると、急に緊張して身体が硬直して



しまったり、焦って状況を確認するのに時間がかかったり見落としが



多くなってしまったりして、かえって危険を増やしてしまうことがそうです。



これは、ある専門家の話によると。





なので、「後ろを見て・・・」「右に避けて・・・」など、具体的でシンプルな



動作を指示してやるのが、良い方法だと教えてくれました。





・・・で、これは、スポーツでもボイトレでも同じことなんですよね。



567117aee5b1e6ae0010d2c5_lg.jpg

例えは、サッカーの話をしてくれましたが、サッカーでパスを



もらった後に少しもたついてしまう選手に、



「ボールを持ちすぎるな!」



と声をかけていったところ、緊張や焦りから、余計もたもたしてしまったり、



ミスが多くなってしまったそうです。




そこで指導の方針を考え直し、



「ボールを貰う前からパスコースを探せ!」



「顔を上げて!」



など、具体的な動作を指示するように心がけたところ、判断が早くなり、



ミスが少なくなったそうです。





これをボイトレで言うのなら・・・



・声が力みやすい人の場合には、



「力んじゃだめだよ!」



と言われると、逆に力んでしまったり、急に力を抜きすぎてバランスが



崩れてしまったりします。




なので、少し声に力みを感じたときに



「吸いながらのどを開いて!」



「首を軽く左右に振って!」



などの、具体的な動作が「とっさに」出てくるように習慣づけることで、



声の力みに対処できてきます。



「胸式呼吸はダメ!よ」



と言ってしまうと、緊張によって余計に胸式呼吸になってしまいます。




「腹式呼吸にしなきゃダメだ!」と指示するより・・・



「鼻から大きく息を吸って!」



「とりあえず・・・大きく息を吐ききろう!」



「下腹をへこませながら、息を吐いて・・・!」



と動作がとっさに頭に思い浮かぶように習慣づけます。





大切なのは、とにかく、



①「こういう状況になったらこうする!」という約束事をつくる。



②それは、シンプルで、すぐできるもの。



③そのような状態になったら必ずこうすると、しっかり習慣づける。




これは、指導される先生方も認識をくださいね。



わたし自身も、シンプルに教えてもらったかな?ありませんでしたね^^^





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
月別更新
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ一覧
全国の天気予報

-天気予報コム- -FC2-