FC2ブログ

【腹筋】腹筋を鍛えたとしても、腹式呼吸は完成されない!!さらには、歌が上手くなるとは言えない!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

今日も、ご訪問いただきありがとうございます。






e2f9e10cd1acadefddbfb661e81e5b38_201810231243288b7.jpg

腹筋を意識するあまり・・・??





腹筋=腹式呼吸=歌の上手さ。では、ないという関連のお話です。



うまく歌えるから、腹筋にも力が入るのであって、腹筋に力を


入れるからうまく歌えるのじゃないんです。



そんなことより、ベストな呼吸感を保つことの方が大切です。



健康な呼吸で歌うのがいちばん、体を鍛えること、




腹筋を鍛えることや腹式呼吸ができることとは、



歌の上手さとは別ものなんですね。




私たちは、あまり腹筋にこだわってはいけない。



歌を歌う時、体を使う感覚は自分で手に入れるしかないんですね。




・下っ腹に力を入れて・・・



・お腹を凹ませながら・・・



・肩の力を抜いて・・・



・ゆっくり深く息を入れて・・・



・もっと遠くに飛ばして・・・



・など・・・たくさんの教えが氾濫していますが、




それらは、何年もかかって理解できるものであるのです。




わたし自身も理解するまで、自分でも猛勉強しました。^^^




初めから、チンプンカンプン??でしたから・・・



それから、腹筋を使うという感覚は、バランスを欠く歌になりかねない、



といえるのです。





あなたが歌を歌う時には、




・体全体を使うのか?



・お腹に力が入るのか?



・片足でバランスを取って歌うのか?



・自分のクセがありますか?





『これは、あなたの歌唱法で決まってくるものです。』



もし、あなたが腹筋にこだわるのなら、歌唱時の腹筋は



固くなっていないといけないのです。





歌に、熱が帯びる程に固くなる感じになる。



歌は、平坦ではないから、腹筋も常に力の入れ具合が



変わってるはずなんです。






これに、合わせ呼吸も変化が伴うのです。



どちらか言うと、腹筋(呼吸筋等)と息の関係の方が近いでしょうね。




ポチ!毎日一回応援お願いします\(^o^)/



最後まで、ご覧いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、ぜひ、ご覧くださいね。

関連記事

【歌唱】歌唱力をつける具体的な方法!!『フレーズ分解法』

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

今日も、ご覧いただきありがとうございます。






ThinkstockPhotos-598060758-600x400.jpg





朝夕めっきり、寒くなりました。季節が冬に加速しています。



けど、わたしの身体は、乗り遅れ気味です。



ご覧のみなさんはいかがでしょうか?




今回は、歌唱力をつける具体的な練習法についてのお話しです。



これで、あなたも歌が上手くなる!確実な練習法とは?



聴くことがいかに大事かがわかっていますよね。



本気で歌が上手くなりたい人がやらなくてはならないこと。とは?



つまり、これをやれば必ず歌が上手くなる!という具体的な練習法。




『フレーズを細かく切り取ってコピーすることです。』



どういうことかと、いうと・・・。




上手く行かない部分を切り取って、何度も細かくコピーすること。



バラバラに分解しながら、ズレを修正していくのです。



・歌い出しが上手くいかない・・・



・サビが上手く歌えない・・・なら、



そこだけを切り取って細かく、



よ〜く聴いて、一言単位で何度も丁寧に練習してみます。



ただ、声がついていけることは最低条件です。




そして、あなたがやることは、この4つです。




1)アレンジがどうなっているかを聴き取る。




2)どうしたらこんなふうに歌えるか?歌い方を分析する。




3)今度は【声の使い方】を徹底的にフレーズを細かくマネする。




4)上手くできないところを細かく分解してくり返し練習する。





この作業をやれば、歌が確実に上達し歌唱力もつくはずです。



実際に、わたしはこのやり方を日常やっていますから^^^




これは是非とも、練習でお試しくださいね。ガンバ^^^よ。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

【クセ】自分では気づいていない話し方のクセが歌に現われる!?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。





BB_161-1-825x510.png

この頃から、クセがある?



気づいていない自分の声のクセや話し方のクセが出る!!



このことは、わたしも体験からでも肯定派なんです。



実は、気づいていないだけで、声には性格が表れるとも言われます。



例えば大きな声の人は賑やかな人のように、育ってきた環境そのものが



賑やかに見られたりしますよね。自信があるようにも見えます。



また逆に、自信がない人は声が震えたり声が小さかったりします。




つまり、自分の声が嫌い、という人はそこに自分の嫌いなポイント



が集合してしまう、と思えるのです。





もし、そうだったら、それは自分の嫌いなところに向き合うチャンスです。



それが、克服できるなら自分の声を好きになることもできるし、



自分の声の印象を変えることができるかもしれません。




ぜひ、自分の声と真剣に向き合って、どんな特徴があるのか?



まず、どんなクセがあるのか?ということ知りましょう!!





◆普段の話し方や喋り方を考えて改めてみる。



自分の声が嫌い、という人は自分の声そのものではなく自分の



話し方が嫌い、と感じている場合が多いのです。



話すスピードや声のボリューム、抑揚のつけ方を変えるだけで、



声の印象というはとても変わりますよね。



「声を変える」ことよりも「話し方を変える」方が正しいのかもしれません。




これは、声のトーンや声質ではなく、話し方が印象にとても影響する、



ということです。




だから、ぜひ、自分の声が嫌いだよ、という人は、自分の話し方を



変えてみる努力をしてみましょう。



私は、トレーナーとして声の悩みをたくさんお聞きしますが、



日常の会話や話し方がポイントだといつも話します。



歌を指導させていただく人々にも共通して同じことを伝えています。



それにより、普段のクセが声質を決めているのですね。



さらには、歌い方や滑舌、発音まで変えてしまいます。



ぜひ今日から、自分の話し方や喋り方をあらためて考えてみましょう。



参考になりましたら、今日からお試しくださいね。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

『ホントに願い事を口に出す』と叶(かなう)うのか?信じる?信じない?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。






23d443e6eaef94d4d1496dcca85fa135_s.jpg





「願い事を口に出すと叶う」って話を聞いたことがありませんか?



「叶」かなう、という漢字は「口」に「十」です、「口に十回出すと叶う」



なんていったりします。



そして、アスリートは実際に口々に「やりたいことは口に出すべきだ」と



叶えたいことを口に出しています。





今回は、わたしの経験や人から聞いた話に基づき、いろいろな



角度から見ていきましょう。




口に出せば、他人が気づいてくれるから?



私たちは自分が一番大切ですから、基本的に他人のことなど



かまってる余裕も持ちにくいものですよね。



周りには、はっきりとは、大きな声では言えないですけど。





いつもどこかで、やりたいことを口に出し続けていると反応してくれる


誰かが現れます。



理由はシンプルです、やりたいことを口に出すと自分がどういう



人間なのかが伝わるからです。



自分が何に興味を持っていて、やりたいことは自分の人となり



願い事をわかりやすく代弁してくれます。





アスリートの言葉が印象に残るのは、言葉がキラキラしているからです。



普段から、やりたいことを口にすることを習慣にしているのです。



周りの人が聞いてくれるのもそうなんですが、誰よりも自分自身が



その言葉を一番耳にしますよね。



するとどうなるのでしょう。自分はこれをやりたいんだ!



と、強く認識するようになります。



普段から自分自身のやりたいことを意識していると、



実現までのスピードはグッと速くなるのです。



そして、思考にも重さがあり、物理的な影響まで持っているとまで



いわれる人たちもいますね。





今日から願い事を口に出してみたらいいんじゃないでしょうか。



「願い事を口に出すと叶う」について書いてみました。



信じるも信じないもあなた次第ですが、



自分のできる範囲内で信じてやってみるのは大ありですよ。




参考になりましたら、お試しくださいね。ガンバ^^^ですよ。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

【棒歌】歌が棒歌になってしまう人の解消法!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。






af4bb7f43505bf398b4e13bab57a206d.jpg

一本調子、棒歌、マッチ棒みたいに真っすぐ一定に・・・





歌を聴いていても、何か変化のない歌が多いのも事実ですね。



まるで、一本の棒のようになるから、棒歌と言われますね。



「棒歌」のための解消法をご紹介しておきます。



何よりもまずは、「声量」を意識することが大切です。



母音でいいので、「あ~~~~~」といったかんじに単音を伸ばし



ロングトーンです。



徐々に「あ~」を大きくした後に今度は逆に音を小さくしてください。



このときに大切なことは、声量の調節は喉ではやらないことです。



お腹で行うのが大事ですが、



腹式呼吸というか、私がよく書いています。横隔膜や丹田を利用した



腹式発声ですね。



上記の「あ~~~~」大きくしたり、小さくしたりする練習を



1日10分ほど欠かさずやりましょう。



数週間後にはある程度、声量の調節が出来るようになるかと思います。



調節が出来るようになればあとは、歌のサビ部分で声を大きくするよう



に意識して歌ってください。



自分の歌を録音し、聴いてみて、サビに盛り上がりが出来ていたら、



今度はもっと細かい箇所に抑揚やアクセントをつけるようにすると



いいと思います。




棒歌の解消ができるようになれば、聴いている私たちに



安心感や感動を与えてくれるはずです。



日頃の地道な練習ですが、お試しくださいね。ガンバですよ^^^。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事

【基準】私たちには、『歌が上手く聴こえる基準』が存在する!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。





ホントに、歌って不思議ですよね。



同じ歌を歌っても、



人によって上手にも、下手にも、なったりしますね。




なぜか、歌には、



上手。下手。があるのでしょう?




そこに、どんな基準があるのでしょうか?



そのへんのところをまとめてみました。





同じような歌い方でも、同じ歌を歌っても



ハッキリと上手い下手が分かります。



また、同じ人が同じ曲を歌っても、



上手い時と下手な時があるほどです。



それって、不思議ですね。




私たちの判断には、いくつかの



明確な基準が、無意識に存在しているんです。




1)音程がキチンと取れているか?



歌が上手い人は、



音程がキチンと取れて安定しています。



音程は全ての基本の基本。



音程が取れていないと、



音痴っぽく、聴こえてしまいます。



せっかく歌えるのに、音程が取れていないとダメだしです。





2)高い声が出せているか?



高い声が出ているかどうかは、歌唱力が高いと聴こえます。



もちろん、高い声が出ていなくても、



歌が上手く聴こえる事はあります。



しかし、高い声が出ていると、



それだけで、歌が上手く聴こえるのです。



実際に、アーティストでも、



高い声が出る人は皆、上手く聴こえます。



高い声は重要な要素なのです。



特に、声が高いと余計に上手く聴こえますね。





24438_main_20181018215826ac0.jpg





3)声量が出ているか?



音程、高い声が良くても、小さい声だと話になりません。



声が小さいと、



何を歌っているかも聴き取れません。



声量は、歌の上手い下手において重要なのです。



あまり、音程が取れていなくても、



声量が大きいだけでカバーできる場合もあります。



プロとアマの一番の違いは、



声量の違いだとも言われるくらいです。



大きな声と言うのは、感情を動かせます。





4)テクニックはどうか?



小手先のテクニックのように見えて、



実は重要なテクニックだったりします。



テクニックがあれば上手に聞こえる場合があります。



聴かせ方の上手い歌い方というのもありますから。





5)声は綺麗か?綺麗さも重要。



声の綺麗さも、



歌の上手い下手を決める要素です。



声が綺麗な人は、



それだけで歌が上手に聴こえます。



声質が良いと言うだけで、



聴く人を魅了できることもあります。



声が綺麗な方が有利なのは事実です。





6)感情がこもっているか?



やはり、コレはとても大事ですよね。



感情がこもっていない歌を聴いても、



上手いとは感じません。



プロのアーティストとかでも、



感情表現が上手いから、上手く聴こえることもあります。




以上、6つをまとめてみましたが、いかがでしょうか?



参考になりましたら、練習でお試しくださいね。ガンバですよ^^^。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

歌の上手な人!!歌の苦手な人!!5つの共通点がある!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。






fcea1d0e8264adb56b9dc9a3a294c864_s-e1516416398929.jpg





歌の苦手な人にも共通することがあります。



歌が上手くなりたくて練習をしているのに全く上達しないと、



だんだんとやる気がなくなってしまうことがあります。





そんな人は、なぜ?上手くなれないのかということをわかって



いないのです。




それが、わからなければ改善も難しいものですね。



その理由がわかれば改善は比較的、楽にできるようになる



はずなんです。





歌が上手くならない人の共通点は、大きく分けて5つがあります。




①まず、原曲をしっかり聴いて覚えていないから。



まちがって覚えている。



わたしも聴き覚えすると危ないことがあります。




②歌詞を覚えていないから。



歌詞を覚えていないと、集中力が低下するのです。




③現状よりもレベルの高い歌を歌いすぎる。



ムリな音域やリズムを狙いすぎでしょう!




④練習時間がなく、練習不足であるから。



何百回も歌いますか?聴いてますか?譜面を片手に?




⑤つねに言い訳が多いから。



つねに言い訳が『むずかしいから…』『高いから・・・』



『覚えてないから・・・』なら歌うな!!って思うくらい。



『簡単だよ!そんなことで上手くならなかったのか』って思うでしょうが、



この5つを徹底的に分析して、やらないとダメなんです。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事

ボイストレーニングで得られるホントの効果とは、何でしょう??

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。






726271fd4d37c17f84006ea61078b383_m.jpg

マラソン前日には?





初めてボイストレーニング(ボイトレ)を考える人にとって、



どのような効果が得られるのかということがわかりにくいと思います。




そして、効果がわからない状態で、ボイトレを受ける必要があるのかも



わからないことでしょう。




そこで、抑えておくべきボイトレの効果があります。




①現状を知ることができ、能力がわかる。



誰しも、まず初めに知るべきことがあります。



・自分の音程が正しいのか?



・声量はあるのか?



・表現方法は正しいか?



・自分の声を正確に把握することが難しいものです。



そのため、細かい点などをトレーナーに正確に、そして客観的に



見てもらうことについては、非常に高い効果が期待できます。



それにより、どのように鍛えていくのかを決めるのです。





②音程が正しくわかる。



自分の音程に自信がない人は、ボイストレーニングの効果を強く


実感できるはずです。



音程の取り方には、個人差のあるクセがあります。



正しい音程というものが自分の耳にも記憶されていきます。



ボイトレすることで、それを継続的に実践し、正確な音程をつかむ



ことを目的とします。




③正しい練習方法がわかる。



ボイトレでは、体感的に練習するだけではなく、理論的にも学びます。



これまで、何となくできていた人も、それを解することで、練習効率も



上がります。



ここを伸ばしたい時には、ここを練習すると効果がでる。



ということを知れることも、ボイトレが有効であると言えます。



理論的に学ぶことにより、正しく自分で練習することができます。



独学で学ぶよりも高い効果が得られるのは、ここです!!




コツコツと独学でわたしもやってきたことがありますが、



正しいことをやっているのか?と、自信がなくなるのですよね。




参考になりましたら、お試しくださいね。ガンバですよ^^^。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新