FC2ブログ

【基準】私たちには、『歌が上手く聴こえる基準』が存在する!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

いつもご覧いただきありがとうございます。





ホントに、歌って不思議ですよね。



同じ歌を歌っても、



人によって上手にも、下手にも、なったりしますね。




なぜか、歌には、



上手。下手。があるのでしょう?




そこに、どんな基準があるのでしょうか?



そのへんのところをまとめてみました。





同じような歌い方でも、同じ歌を歌っても



ハッキリと上手い下手が分かります。



また、同じ人が同じ曲を歌っても、



上手い時と下手な時があるほどです。



それって、不思議ですね。




私たちの判断には、いくつかの



明確な基準が、無意識に存在しているんです。




1)音程がキチンと取れているか?



歌が上手い人は、



音程がキチンと取れて安定しています。



音程は全ての基本の基本。



音程が取れていないと、



音痴っぽく、聴こえてしまいます。



せっかく歌えるのに、音程が取れていないとダメだしです。





2)高い声が出せているか?



高い声が出ているかどうかは、歌唱力が高いと聴こえます。



もちろん、高い声が出ていなくても、



歌が上手く聴こえる事はあります。



しかし、高い声が出ていると、



それだけで、歌が上手く聴こえるのです。



実際に、アーティストでも、



高い声が出る人は皆、上手く聴こえます。



高い声は重要な要素なのです。



特に、声が高いと余計に上手く聴こえますね。





24438_main_20181018215826ac0.jpg





3)声量が出ているか?



音程、高い声が良くても、小さい声だと話になりません。



声が小さいと、



何を歌っているかも聴き取れません。



声量は、歌の上手い下手において重要なのです。



あまり、音程が取れていなくても、



声量が大きいだけでカバーできる場合もあります。



プロとアマの一番の違いは、



声量の違いだとも言われるくらいです。



大きな声と言うのは、感情を動かせます。





4)テクニックはどうか?



小手先のテクニックのように見えて、



実は重要なテクニックだったりします。



テクニックがあれば上手に聞こえる場合があります。



聴かせ方の上手い歌い方というのもありますから。





5)声は綺麗か?綺麗さも重要。



声の綺麗さも、



歌の上手い下手を決める要素です。



声が綺麗な人は、



それだけで歌が上手に聴こえます。



声質が良いと言うだけで、



聴く人を魅了できることもあります。



声が綺麗な方が有利なのは事実です。





6)感情がこもっているか?



やはり、コレはとても大事ですよね。



感情がこもっていない歌を聴いても、



上手いとは感じません。



プロのアーティストとかでも、



感情表現が上手いから、上手く聴こえることもあります。




以上、6つをまとめてみましたが、いかがでしょうか?



参考になりましたら、練習でお試しくださいね。ガンバですよ^^^。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新