FC2ブログ

高い声では、息はたくさん要らないんだ!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






155c1c3413bd2ef8085ba74edc44382d_t.jpg

私んちにも、おひな様をお飾りした^^^ぱ~っと春がきた^^^



みなさんの家はいかがでしょうか?



朝からドンヨリしたくもり空^^だよね^^^;



何を言うんだよ!!と思われそうだが^^^



でも、やっぱり「高音ではお腹の力が必要」だと思うが、





・・・なのが。。。



「高音ではやっぱりお腹に力が入るよね。。。」



という体感が多い。



じじつ私も、高音域ではけっこう「お腹を使っている」体感がある。



何曲か歌っていると、やっぱり高い声を多く出す場合の方が、



お腹に疲労感を感じる。





そのとき、お腹で何が起こっているのか?



では、「お腹を使っている」から、やっぱり「腹式呼吸でいっぱい



息を吐いているの?」と思ってしまうかもしれないが、それは違う。



物理的には、「高音域では、息の量は少しでいい」わけである。





自分の体で確かめてみても、ある程度は高い音の方がロングトーンを



長く伸ばせる。



つまり、高い音域ではあんまり息の量を使っていないということである。




それでも、お腹まわりの筋肉は、吐く息の量が少ないのに、いつも以上に



疲れている。



このとき、お腹では何が起こっているのでしょうか?



それは、息を「吐き過ぎない」ように、腹筋をフル活用しているから!!





えっ??と思ってしまうはずだ。



筋肉は、同じ方向に「伸ばすだけ」「縮めるだけ」の時はそれほど



負荷がかからない。



「伸ばす力と縮める力を拮抗させた時」には、物凄く負荷がかかる。



で、高音域では「息の支えて吐いてしまわないような力」が必要なわけが、





このとき



「息を吐き出そうとする力と、息を留めようとする力の拮抗」



が起こるわけだ。



だから、「息の支え」ってやつができると、けっこう腹筋が疲れる。



でも、やっぱり、その疲れは「息を多く吐き出すため」ではない。



息を「いつでも吐ける」ようにするためにも、腹筋を使うのだ。





この、「いつでも適量の息を声帯に瞬時にかけられること」も、



「息の支え」と言う。



というか、「息の支え」の一面。



上の、「息を余計に吐いてしまわないようにすること」も大事。



「多くも少なくもない息を、いつでも吐けるよう、体をコントロールできること」





・・・ってのが、「息の支え」の無難な定義かな、と思う。



で、そのために、「息を吐き出そうとする力と、息を留めようと



する力の拮抗(きっこう)状態」が必要だよ。




今日は、高い声では、息はたくさん要らないんだ!!について



話をしてきましたが、なんとなくお解かりいただけましたでしょうか?





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別更新