FC2ブログ

常に”いい声”を求めないで!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






rps20150726_193554.jpg

いい声を求めようとするほど、いい声とはかけ離れていく?





声を求めようとすると無意識にも、上に上がってきてしまう。



それは『声は喉から・・・』という意識から逃れられないから。




いい声を出そうと思えば、何よりもまず一番には横隔膜を意識する。



それは、横隔膜を使えている感覚=意識をどこまで身につけられるか?



にかかっていると思う。




でも、



『横隔膜を使えているのか!がわからない・・・』という人が、



大半だと思う。




わからない人のためには、



横隔膜がしっかり使えるようには、発声しているとき、『丹田』の部分が



張っているということ。



普通に、意識しなければ、発声して息をはいているとき、



下腹は凹んでいく。




その凹みを、なんとか抵抗をさせて張ったまま発声する。



丹田が張って、横隔膜が使いやすくなっているときこそ、



どんな人でも声は充実してくるものだ。




横隔膜によって、眠っているいい声を目覚めさせることができる。



それには、横隔膜は、発声のポイントを下げたままにしておく。




わたしも長年ボイストレーニングをやっていますが、気を抜いていると、



のどを求めて、下腹から喉に向かって上に上がって行ってしまう。



それほど、『声は喉から・・・』というしばりから逃れにくいものということを



頭においていてください。




ポジションとは、息の置き場所や方向を指すと思ってほしい。



力が喉にかかり、声が外に流れていかず、自分の体の中に滞って



固まっている状態。




これって、非常に苦しくって人にはわからない状態である。




それを避けるために、どうしたらいいのだろうか?

            

素敵に歌いたいのであれば、そのための声の使い方は大切。



声をどこにイメージするか?



つまり、声のポジション(置き場所)がポイントなのだ。



わたしは、横隔膜を意識して、置き場所=ポジションを決めていく。



喉は、通り道であるから、スルーしましょう。・・・では、実践ください。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別更新