FC2ブログ

声帯というものは、「声を出すためだけに存在するもの」ではない!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





img03.jpg

例えば発声の要となる、声帯というものについて。




声帯がほどよく開閉することによって声というものは生まれてくる



わけだが、この声帯というものは、「声を出すためだけに存在する」



ものではない。というか、本来は「気管の入り口を閉鎖する弁」としての



役割が主であって、声を出す機能はオマケ程度のものである。




声帯は「気管の入り口を閉鎖する弁」なので、気管を閉鎖しなければ



ならないとき、



・何かを飲み込むとき。



・呼吸を止めて全身に力を入れるとき。



身体の状態をほどよく再現してやれば声帯は閉じやすくなる。



逆に、空気を一度に多く出し入れするときの力をほどよく再現して



やれば声帯は開きやすくなる。



「自然な力で声帯を閉じなさい」と言われてもそれがどのくらいの



力なのかわからないとき、そもそもどうやったら声帯が閉じたり



開いたりするのかわからないとき、声帯の気管の入り口を閉鎖する弁



としての仕組みを知っておくと声帯をコントロールすることができる。




この声帯の話については、別の記事で何度も書いていることになる。



のは、重要だからである。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

そもそも、「支え」ってなんだろう?必要以上の力は、必要ない!?

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




昨日の寒気は抜けたようだが、薄曇りである。



今日は、各選挙区では投票となっている。




d11c736b.jpg

足で支えているが・・・?




今回は、そもそも、「支え」ってなんだろう?『声を支える?』というのを



テーマにお送りします。



ボイトレをやっていると時々出てくる、「支え」という言葉。



「しっかりと支えて~」とか。「支えがないから声が弱くなる~」とか、



そのようなことを、言ってるが、そもそも、「支え」ってなんやろう?



声って支えられるもんか?と考えてみる。




そもそも「支え」とは何か?



ボイトレの現場でも、この「声の支え」という言葉はよく無造作に



使われることがある。



・支えがないから弱い声になる。



・支えがあるからしっかりした声になる。と使われている。



ただ、実際に「支え」が何なのか?ということは、



あまり語られることが少ないようだ。



これは、具体的にどこの筋肉がどう動いているのか、というのが



科学的にあまりわかっていなかったり、場合によっては、教える側も



なんとなくの感覚でしかつめていないから、なのだと思われる。



色々な情報だと、横隔膜と腹筋まわりの筋肉のバランスがどうだ。



というのを見かけたりもするのですが、いまひとつ、感覚的にもしっくり



くる説明がなかったりする。




ただ確かに、横隔膜と腹筋まわりの筋肉で吐く息が、



これが「声の支え」と呼ばれるものになっているのは、



間違っていないように思う。



声を出そうとして息を吐くとき、



息が必要以上に出すぎてしまいそうになる。



出ていく息を必要最低限にとどめるために使う力が



「支え」と呼ばれる。




で、もう少し体感的にわかりやすい解説をすれば、



歌を習うときによく「お腹から声を出して!」と表現されることが



あると思うのが、あれ。



お腹に力を入れる感じとか、丹田に力を入れるとか、おしりを締めるとか、



背中の下の方から胸にかけて支えるとか、



色んな表現をされることがありますが、大体同じ意味で使われていると



思ってもらっていいと思う。




ここで、間違ってはいけないのが、ただお腹に力を入れればいい、



と単純に考えすぎない方がいいということ。




声を出すときに力が必要になるからお腹に力が入る、



という順序が正しいです。必要以上の力は、必要ない。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

声帯を閉鎖させる意識はまちがい?それって喉締めかもしれない!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





日中は、23度と暖かい天候となるようだが、今朝は寒気の



模様でヒンヤリとしている。お布団干してます。




声帯を閉鎖させる意識は間違い??



歌うときには、結果的に声帯は閉鎖されなければいけないが、



間違っても声帯を閉鎖させる意識で歌ってはいけない。




f6575d808ca8c8763527dfa616e95370_s-530x354.jpg

喉締めになる??




なぜなら、喉自体を締める事に繋がってしまうから。。。



正しい発声を行う為には、喉仏を下げなければいけません。



しかし、声帯を閉鎖させる意識で発声しようと思うと、喉頭は上がり、



その結果喉は締まってしまうのだ。



声帯を閉鎖させる意識は、声帯を閉じる事はできても、



心地良い響きを得ることはできない。



その意識は、喉が締まった聴き苦しい歌声になってしまう。



またそれだけで無く、声帯を閉鎖させる意識は、声帯の疲労を早めて



しまう結果にも繋がり、声帯が故障して声が出なくなってしまう危険性もある。



なので必ず喉頭を下げる意識で、歌の練習をすることが肝要となる。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

『バランスやホドホド』は、なかなか教えられないものではある!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





84100-3.jpg

バランスのコツは??




発声は「呼吸、声帯、共鳴」によって生じ、これらを操作する



ことで声を操作することができる。



が、操作する上でとても大切なのは「バランスによって成り立っている」



という考え方。





呼吸に関して言えば、呼気を強くしたり弱くしたりすること



によって声をコントロールすることができるが、強すぎても



弱すぎても発声に問題が起こってくるので、ほどよいところで




バランスをとることが必要となる。





声帯についても、声帯の閉じ方を強くしたり弱くしたり、声帯の位置



を上げたり下げたりすることなどなどによって声をコントロールする



ことができるが、これも極端に行うとどちらに行っても発声に問題が



起こってくるので、ほどよいところでバランスをとることが重要である。





共鳴も、口や喉の中の空間を広げたり狭めたり、響かせる位置を



前にしたり後ろにしたりすることで声をコントロールすることが



できるが、どの方向性であっても極端に行うと発声に問題が



起こってくるので、適切なバランスをとることが大切である。





バランスが重要であるということはとても当たり前であるが、



極端な思想に基づくトレーニングとか、自己流理論による



トレーニングとか、閉じた発声論議ばかりしていると、このことを



忘れてしまいがちとなる。



バランス感覚を忘れて、「あれは間違った発声法なのだ!」みたいに



なっちゃう人は、けっこうよく見かけますし、自分ではなかなか



気づくことができいないようだ。



初心者向けボイトレや個別に指導するべきレベルに至らず一般論



しか言えないから・・・。



みんなこういう傾向がある。だからこうするのが正解。



みたいにしか指導しようがない場合もなくはないのだが・・・。




よくわからないうちから自力でボイトレについて調べたりすると、



一見矛盾したような記述がたくさん見つかるかと思うが、



それは発声はバランスが重要だからという面によるかもしれない。




例えをあげれば、



ある人は「呼気を強く大量にするためにはどうすればいいか」



ばかり書いている。



また別の人は「強い呼気なんて必要ない。息は細く少しずつ使うもの。」



と書いていたりする。



あるときは「声帯は力を抜いて、軽く合わせる」と言ってた人が別のとき



には「こういう風に声帯に力を入れてしっかり閉じてイイ声を出そう」と言ったり。



わたしも、指導する現場ではこの前とちがう!!



どちらが、正しいのか?と問われるが、



どちらも正解だと思っいる。



バランスやホドホドという感覚がむずかしいようである。



その「バランスやホドホド」はなかなか教えられないものではあると



ヒシヒシと感じる昨今ではある。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事

ひと口に「高い声が出せない」と言われても症状はさまざまだよ!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




昨日の雨から打って変って晴天となる~~^^



セシルたちも「ごきげん」である^^^。



簡単に「できる」「できない」って人は言いがちだが、



•具体的に、どういう状態だったら「できる」「できない」と言えるのか?



•具体的に、「できる」「できない」の間のどのレベルにいるのか?



•具体的に、なにができていて、なにができていないのか?



という点について注意しながら、指導をしたり指導を受けたり



質問をしたり答えたりすることで、ボイトレの効率は大きく上がる。




ボイトレに限らず、何か教えたり、技術的な相談に乗るときには



必ず問題になってくるのが、どのくらいできたら「できる」「できない」



って言っていいのか?という問題。




教える側も教わる側もけっこう気軽に「できる」「できない」って言って



しまいがちだが、ここで「できる」「できない」の基準が統一されて



いないと、けっこう致命的な不具合が生じると思う。




g_d_273959_1_1505182227.jpg




例えば、ボイトレでありがちな「高い声が出ない」という質問。



これはリアルでも色々なところで質問された。



が、これはとても答えにくい質問の一番だと言える。



というのも、「高い声が出ない」という症状の人にも色々いて、


1)そのあたりの音域が全く出せない。かすりもしない。



2)裏声ならなんとか出せるけど、音程が安定しない。



3)裏声状態でならある程度コントロールできる。



4)声楽的にコントロールされていない。



5)なにか物足りない気がする。




みたいな感じで、「できない」にも様々な段階があるわけで。



みんな一緒くたに「できない」って相談してくるわけだから。



そりゃちょっと答えるのは難しいよ、と。言ってしまう。




また、対処のレベルも当然それぞれ違うわけ。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

声帯で息を止める!! 声帯の「ストローク」という!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





que-10154907665.jpg




声帯で息を止めることを伝えたが、なかなかできないようだ。



これは専門的には声帯の「ストローク」と言う。



横隔膜で息を流しながら、声帯を閉じることによって息を一瞬止める。



「本日は、ありがとうございました」



「あ」の母音が言葉の頭にくる場合、声帯で息を一瞬とめて



発声することで、言葉が明瞭になる。



発声は



①息が押しあがってくる。



②息が声帯を息がこじあける。



③もう一度閉じて



④「あ~」の発声となる。



ただ「あ~」と言いながら「声帯が閉じている」と感じる人は



あまりいないと思う。たいていの人は「なんだか分からないけ



どこんな声になっちゃった」が、ほとんどだと思う。



声帯の閉じ方を覚え、声帯を舌や唇などと同じように使って



息を止める方法を身につけることで、効率よく言葉を発音できる。




そして、もうひとつ、「ホラーの声」を出してみてほしい。



「お・お・お・お・お・・・・・」



小さく、低く「お・お・お・お・お・お・・・・・」



これが「声帯のストローク」「声帯の閉鎖」というものだ。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

わたし、先生にとって『いい生徒』??

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





P9080274.jpg




先生が教えたいと思う生徒はどのような生徒だろうか?



まず結論からさきに言うと・・・



(1)教えたことを素直に、まじめに、努力して、やってくれる生徒。



そして



(2)教えたことを自分で応用してきて、わからないと質問をしてくる生徒。




自主練をやりながら、できないことは質問をくり返してくる生徒。



この2つかな?



とくに、質問をしてくる生徒は教えがいがあると感じ、ドンドン教えますが、



ただ、先生に困らせ質問をしてくる生徒は苦手だよね。



ホントに生徒が困って、悩んで、苦しんでいると訴えることがある。



それで、困った質問は有意義なもの、ある意味、トレーナーの



手腕を発揮する場面となるね。




それと、また・・・。



教えていることと違ったことを自分でやっている生徒も苦手だよ。



学んで欲しい事があって、それを体系的に教えているのに、



全然違うことをレッスン中にされると戸惑ってしまうね。



これは誤解が生じるかもしれないが、先生としては



『素直に言うことを聞いて欲しい』といつも思っていると



わかってください。




それでまた、『素直に学んで欲しい』と思うこれが願いでね。



これに対する生徒の態度として正解なのは



『知っていることでも、知らないという態度とる』ことか。



そんなこと、知ってるという言動は気分的にもマイナスで。



トレーナーは、知識がない生徒に知識を教えることが好き。



できない生徒にできるように教えることが大好き。




そして教えたことはきちんと復習して覚えていく生徒が大好き。



知識があった場合でも、復習をするつもりで聞いている姿勢も必要な



ことであると思ってほしい。



これに、対して『そんなことは知っている』という態度を取られると、



それじゃ、できるのか?できるんだね!



ということになり、、素直な人とそうでない人に対しては態度が



違ってくるのは、感情がある人間として当然と考えてほしい。



もちろん、貰ったお金くらいのことはお教えできるが、それ以上と



なるとどうかなという感じにもなる先生もいるようだ。



わたしは生徒となった時には、これらのことを心がけるように



していた。



わたしの主観かもしれませんが、ご参考にして先生にドンドンと



知識と経験や技術を出してもらって、自分も吸収してください。




先生の引き出しをいっぱいいっぱい使わせてほしいね。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

『呼吸』とは生きている証しの『息』

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





original_201904150917047c3.jpg





わたしたちには、『呼吸』とは生きている証しの『息』をすること。



それが、歌やボイトレなら『ブレス』→『息継ぎ』のこと。



歌のために必要なのは?と言うと、『呼吸法』と『息継ぎ』である。



イントロでは、呼吸コントロールと呼吸の安定性が求められるだろう。



歌唱中では、安定した呼吸コントロールを行なうための深い呼吸が



必要となってくる。




もちろん、それだけではない深い呼吸を支える息継ぎも必要となる。



上手く『息継ぎ』をこなすことができると、それだけでリズム感と安定した



音程も生まれてくる。




スムーズに息継ぎができるようになれば、『歌う』ことが楽になり、



吸おうとする必要が無くなり、聞いていても安心感が伝わるのだ。




見ている人たち、聞いているいる人たちには、このような呼吸であったり、



歌っているフレーズには、微妙な流れを感じながら包まれている。



その包まれ方には、心地よいものか?不快なものか?



って違いは、どこからくるかというと、『呼吸』と『息継ぎ』を同じように


感じとっている。




『間』=マを読みながら見てくれる。聞いてくれる。



呼吸がしんどい、苦しい、つらいと感じながら歌うと、聴き手側には



しんどい、苦しい、つらいが読み取れるようになるだろうし、



そこで、心がけながらレッスンや練習をしていただきたいのは、



歌っている人の呼吸や息継ぎが、そのまま、リスナーや聴衆には



ストレートに伝わるということだと考える。



歌の上手や下手という前に、気持ちよく、楽しく、呼吸や息継ぎが



できるための、しっかりとした、深い、呼吸や息継ぎをマスターしよう。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新