FC2ブログ

『バランスやホドホド』は、なかなか教えられないものではある!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





84100-3.jpg

バランスのコツは??




発声は「呼吸、声帯、共鳴」によって生じ、これらを操作する



ことで声を操作することができる。



が、操作する上でとても大切なのは「バランスによって成り立っている」



という考え方。





呼吸に関して言えば、呼気を強くしたり弱くしたりすること



によって声をコントロールすることができるが、強すぎても



弱すぎても発声に問題が起こってくるので、ほどよいところで




バランスをとることが必要となる。





声帯についても、声帯の閉じ方を強くしたり弱くしたり、声帯の位置



を上げたり下げたりすることなどなどによって声をコントロールする



ことができるが、これも極端に行うとどちらに行っても発声に問題が



起こってくるので、ほどよいところでバランスをとることが重要である。





共鳴も、口や喉の中の空間を広げたり狭めたり、響かせる位置を



前にしたり後ろにしたりすることで声をコントロールすることが



できるが、どの方向性であっても極端に行うと発声に問題が



起こってくるので、適切なバランスをとることが大切である。





バランスが重要であるということはとても当たり前であるが、



極端な思想に基づくトレーニングとか、自己流理論による



トレーニングとか、閉じた発声論議ばかりしていると、このことを



忘れてしまいがちとなる。



バランス感覚を忘れて、「あれは間違った発声法なのだ!」みたいに



なっちゃう人は、けっこうよく見かけますし、自分ではなかなか



気づくことができいないようだ。



初心者向けボイトレや個別に指導するべきレベルに至らず一般論



しか言えないから・・・。



みんなこういう傾向がある。だからこうするのが正解。



みたいにしか指導しようがない場合もなくはないのだが・・・。




よくわからないうちから自力でボイトレについて調べたりすると、



一見矛盾したような記述がたくさん見つかるかと思うが、



それは発声はバランスが重要だからという面によるかもしれない。




例えをあげれば、



ある人は「呼気を強く大量にするためにはどうすればいいか」



ばかり書いている。



また別の人は「強い呼気なんて必要ない。息は細く少しずつ使うもの。」



と書いていたりする。



あるときは「声帯は力を抜いて、軽く合わせる」と言ってた人が別のとき



には「こういう風に声帯に力を入れてしっかり閉じてイイ声を出そう」と言ったり。



わたしも、指導する現場ではこの前とちがう!!



どちらが、正しいのか?と問われるが、



どちらも正解だと思っいる。



バランスやホドホドという感覚がむずかしいようである。



その「バランスやホドホド」はなかなか教えられないものではあると



ヒシヒシと感じる昨今ではある。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ






関連記事

ひと口に「高い声が出せない」と言われても症状はさまざまだよ!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




昨日の雨から打って変って晴天となる~~^^



セシルたちも「ごきげん」である^^^。



簡単に「できる」「できない」って人は言いがちだが、



•具体的に、どういう状態だったら「できる」「できない」と言えるのか?



•具体的に、「できる」「できない」の間のどのレベルにいるのか?



•具体的に、なにができていて、なにができていないのか?



という点について注意しながら、指導をしたり指導を受けたり



質問をしたり答えたりすることで、ボイトレの効率は大きく上がる。




ボイトレに限らず、何か教えたり、技術的な相談に乗るときには



必ず問題になってくるのが、どのくらいできたら「できる」「できない」



って言っていいのか?という問題。




教える側も教わる側もけっこう気軽に「できる」「できない」って言って



しまいがちだが、ここで「できる」「できない」の基準が統一されて



いないと、けっこう致命的な不具合が生じると思う。




g_d_273959_1_1505182227.jpg




例えば、ボイトレでありがちな「高い声が出ない」という質問。



これはリアルでも色々なところで質問された。



が、これはとても答えにくい質問の一番だと言える。



というのも、「高い声が出ない」という症状の人にも色々いて、


1)そのあたりの音域が全く出せない。かすりもしない。



2)裏声ならなんとか出せるけど、音程が安定しない。



3)裏声状態でならある程度コントロールできる。



4)声楽的にコントロールされていない。



5)なにか物足りない気がする。




みたいな感じで、「できない」にも様々な段階があるわけで。



みんな一緒くたに「できない」って相談してくるわけだから。



そりゃちょっと答えるのは難しいよ、と。言ってしまう。




また、対処のレベルも当然それぞれ違うわけ。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

声帯で息を止める!! 声帯の「ストローク」という!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





que-10154907665.jpg




声帯で息を止めることを伝えたが、なかなかできないようだ。



これは専門的には声帯の「ストローク」と言う。



横隔膜で息を流しながら、声帯を閉じることによって息を一瞬止める。



「本日は、ありがとうございました」



「あ」の母音が言葉の頭にくる場合、声帯で息を一瞬とめて



発声することで、言葉が明瞭になる。



発声は



①息が押しあがってくる。



②息が声帯を息がこじあける。



③もう一度閉じて



④「あ~」の発声となる。



ただ「あ~」と言いながら「声帯が閉じている」と感じる人は



あまりいないと思う。たいていの人は「なんだか分からないけ



どこんな声になっちゃった」が、ほとんどだと思う。



声帯の閉じ方を覚え、声帯を舌や唇などと同じように使って



息を止める方法を身につけることで、効率よく言葉を発音できる。




そして、もうひとつ、「ホラーの声」を出してみてほしい。



「お・お・お・お・お・・・・・」



小さく、低く「お・お・お・お・お・お・・・・・」



これが「声帯のストローク」「声帯の閉鎖」というものだ。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

わたし、先生にとって『いい生徒』??

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





P9080274.jpg




先生が教えたいと思う生徒はどのような生徒だろうか?



まず結論からさきに言うと・・・



(1)教えたことを素直に、まじめに、努力して、やってくれる生徒。



そして



(2)教えたことを自分で応用してきて、わからないと質問をしてくる生徒。




自主練をやりながら、できないことは質問をくり返してくる生徒。



この2つかな?



とくに、質問をしてくる生徒は教えがいがあると感じ、ドンドン教えますが、



ただ、先生に困らせ質問をしてくる生徒は苦手だよね。



ホントに生徒が困って、悩んで、苦しんでいると訴えることがある。



それで、困った質問は有意義なもの、ある意味、トレーナーの



手腕を発揮する場面となるね。




それと、また・・・。



教えていることと違ったことを自分でやっている生徒も苦手だよ。



学んで欲しい事があって、それを体系的に教えているのに、



全然違うことをレッスン中にされると戸惑ってしまうね。



これは誤解が生じるかもしれないが、先生としては



『素直に言うことを聞いて欲しい』といつも思っていると



わかってください。




それでまた、『素直に学んで欲しい』と思うこれが願いでね。



これに対する生徒の態度として正解なのは



『知っていることでも、知らないという態度とる』ことか。



そんなこと、知ってるという言動は気分的にもマイナスで。



トレーナーは、知識がない生徒に知識を教えることが好き。



できない生徒にできるように教えることが大好き。




そして教えたことはきちんと復習して覚えていく生徒が大好き。



知識があった場合でも、復習をするつもりで聞いている姿勢も必要な



ことであると思ってほしい。



これに、対して『そんなことは知っている』という態度を取られると、



それじゃ、できるのか?できるんだね!



ということになり、、素直な人とそうでない人に対しては態度が



違ってくるのは、感情がある人間として当然と考えてほしい。



もちろん、貰ったお金くらいのことはお教えできるが、それ以上と



なるとどうかなという感じにもなる先生もいるようだ。



わたしは生徒となった時には、これらのことを心がけるように



していた。



わたしの主観かもしれませんが、ご参考にして先生にドンドンと



知識と経験や技術を出してもらって、自分も吸収してください。




先生の引き出しをいっぱいいっぱい使わせてほしいね。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

『呼吸』とは生きている証しの『息』

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





original_201904150917047c3.jpg





わたしたちには、『呼吸』とは生きている証しの『息』をすること。



それが、歌やボイトレなら『ブレス』→『息継ぎ』のこと。



歌のために必要なのは?と言うと、『呼吸法』と『息継ぎ』である。



イントロでは、呼吸コントロールと呼吸の安定性が求められるだろう。



歌唱中では、安定した呼吸コントロールを行なうための深い呼吸が



必要となってくる。




もちろん、それだけではない深い呼吸を支える息継ぎも必要となる。



上手く『息継ぎ』をこなすことができると、それだけでリズム感と安定した



音程も生まれてくる。




スムーズに息継ぎができるようになれば、『歌う』ことが楽になり、



吸おうとする必要が無くなり、聞いていても安心感が伝わるのだ。




見ている人たち、聞いているいる人たちには、このような呼吸であったり、



歌っているフレーズには、微妙な流れを感じながら包まれている。



その包まれ方には、心地よいものか?不快なものか?



って違いは、どこからくるかというと、『呼吸』と『息継ぎ』を同じように


感じとっている。




『間』=マを読みながら見てくれる。聞いてくれる。



呼吸がしんどい、苦しい、つらいと感じながら歌うと、聴き手側には



しんどい、苦しい、つらいが読み取れるようになるだろうし、



そこで、心がけながらレッスンや練習をしていただきたいのは、



歌っている人の呼吸や息継ぎが、そのまま、リスナーや聴衆には



ストレートに伝わるということだと考える。



歌の上手や下手という前に、気持ちよく、楽しく、呼吸や息継ぎが



できるための、しっかりとした、深い、呼吸や息継ぎをマスターしよう。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

歌を歌う時には、その曲を伝える『声の○○力』が必須!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今朝は、早朝から遠征するよ^^^



昨日のうちに、記事を取りまとめてきた。




5708114364_a9774b69bd_b.jpg




歌唱力と演技力というのは、とても密接な関係がある。



歌を歌う時には、その曲の歌詞の意味を伝えられるだけの



『声の演技力』が必須である。




演技力が乏しい人が歌う歌というのは、どことなく味気ないものに。



けれど、『感情が伝わるように歌いたい』と思うあまりに、



無茶な発声をしたり、響きを無視した発声をしたり、



曲そのものに感情移入しすぎて歌ったりすれば、



リスナーには『自分だけ・・・頑張って歌っているだけ・・・』で、



あまりつまんないよ!!と、感動を与えられるものにはならない。




こういうことを、文章だけで説明するのって難しいが、



少しのご辛抱をください。




歌や音楽には、教えられる部分と教えられない部分がついて回る。



技術やテクニックは教えることは可能だろうが、感覚や感性を含めた



演技力はなかなか教えられないし、また、教わるものか?と考える。




プロとアマと比べると演技力があるか!ないか!が大きな実力差を



つける要素だと思はないか?




たくさんの思い当るものが、浮かんできますが、最終的には、



演技力のちがいと力の差が決定するものじゃないかと



思いながら、観て聴いている。




歌が上手い、声がいい、スタイルがいい、顔がいいなど・・・も



もちろん、要素かもしれません。特長かもしれない。



しかし、演技力を持ち、表現できれば、観る人の心を揺さぶる。




歌を歌う時には、その曲を伝える『声の演技力』が必須!!



が正解と証する。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

歌のボイスライフを作ってみよう・・・よ!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





1510291405072483-600x400.jpg




ご覧のあなたは、



ほとんど歌が本業ではないけれど、本気で歌っていると思う。



もちろんプロのアーティストを目標に頑張っている人もいるだろうが、



それは全てではないでしょう。




あなたが歌うことで輝ける場面は、いたるところにあるでしょう。



歌うことを楽しみながら充実した毎日を送ることも可能だ。 



あなたの歌には、価値があるはず。



実際にあなた自身が息をして、歌を奏でることができる世界で。




プロの世界に比べると、小さく見えるかもしれないが、同じ価値が



あると思っている。



あなたの歌が、聴き手の胸を打ち、心躍らせることができれば。



あなたの歌が、際立つオーラを持ち、輝くことができれば。



こんなに素敵でワクワクすることはないだろう。




何よりも、あなた自身の人生そのものと言える。



あなたの、歌はそこに流れている空気の色をも変えるもの。



あなたの歌もそれができるようになるはずだ。




歌は心の景色までも変えてしまう。



私自身も今まで、歌うことで戦ったことも、しくじったことも、



自分を見失ったことも、ボロボロにもなった。



歌うことの喜びも幸せも満たされる充実感も知ったつもり。



わたしがレッスンする人たちは、ほとんどは、普通の人。



プロのアーティストではないが。。。



普通に仕事を持っていたり、主婦や学生、育児や介護の中にある大人。



歌だけに打ち込めるわけではない人たちないんだ。



いろんな面で条件が整っているわけでは、ない。



ない時間を作ろうとしている。



歌うことに悩み苦しんで懸命にもがいて見えるが。




わたしは



『思うように歌えない原因』となっている心の持ち方や意識を



改善することで、大きく変化していくことを学んできた。



レッスンされる皆さん、少ない時間の中で、こんなにも歌うことに



真剣に向き合っているのは、歌うことは生きる実感であり、活力源と



なるような歌のボイスライフを作ってみよう。



では、また、明日^^^




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

『・・・習ってるよ』が、しかし、その安堵感が油断である!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




このタイトルはマジかよ・・・!!と感じるはず!!



歌が上手くなるためにボイトレレッスンを受ける場合、




shutterstock_773299876-w960.jpg

お姉ちゃんが先生??




これだけ、お金を払うならその結果を出したい。



これは当然の話。



でも、それだけでは歌が上手くなるわけではない。



なぜなら、その答えは、『あなた自身』が持っているから。




高い月謝だから『あとはお願いしますよ』では、やるのはあなた自身。



教えるトレーナーでも先生でもありませんから。




当たり前だよ!と思うでしょうが、じつは『やらされてる』になっている。



・・・が多いのよ。



ここが、重要なポイントよね。



ここで、大きな意識のはき違いを生み出してしまう人がいる。



・スポーツジムに通ったが、どうも思うように進まない・・・。



・スタイリストさんに髪をきれいにしてもらう・・・。



・プロのコンサートに行って勉強になった感がある・・・。



・お金を払ったんだから、その成果が付いてくると思ってないか?




同じように、ボイストレーナーに付いて上手く歌えるようにしてもらう。



高いお金を払ってるんだよ、・・・いつかは上手くなるよ!!



・・・という意識ではダメ!!。



月にたった2~3回のレッスンに来られてボイトレやって、



何曲か歌って帰るだけでは、もったいない話しよ。




『なるほど・・・やっぱり、上手くなるには練習しなきゃ!ダメよ。



 自分でも、あきるほどやる!!』



と、その時は本気で思っても、また同じことを繰り返してしまう。



このような人は、誰に、何を、どう習っても上手くはならない。



それは、自責にしないで、他責にするからよ。



先生やトレーナーの教え方が悪いから・・・上手くならない!!と



認識してしまうのでね・・・。お心当たりの方はお気をつけください。




でも正直これがダメだとは、まったく思いませんが、傾向的に多い。



プロ歌手にとって、それが当然やらなくてはならないことであっても、



一般の生徒さんたちにとっては、当たり前でなはいのだ。



楽しむための歌であり、そのスタンスをとても大切に思うからでしょうか?



だからこそ、『意識や認識』が大切なことだと言えるはずだ。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新