FC2ブログ

『ゴルフのショットを打つとき』と同じように!!


ご覧いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





今日は、くもり空である。気温も快適なくらい^^^。




ライザップゴルフ-520x245




ボイトレ法では、下っ腹をハルという練習法がある。



下っ腹・・・へそ下9センチの場所にある丹田という場所をハリながら



息をはく練習を行なう。




ゴルフをされる人たちが



「これ!!、ゴルフのショットを打つときも同じよ!!」



って、話してたことがある。




「打つときには、下っ腹をはる、ということ。リラックスしながら力が



発揮できるからという。



なるほど、同じだったね。納得した。



つまり、何かの動作をするとなると、変なところに力みがきてしまう。



しかし、丹田をはることで、体幹を使えるようになり、余分な力が



ぬけて、パワーがすべて発揮できるというものだ。




それは、声を出すときも同じ。





丹田をハルことで、横隔膜が使いやすくなり、のどに力みが



来なくなるという原理。





酒屋さんが、腰の低い位置でしっかりと前掛けをしばっている。



あれは、重い酒瓶を運ぶときに、丹田に力が入りやすくしている



のだそうだ。お相撲さんもしかり・・・!!



引っ越し屋さんでもそう、重い荷物を運ぶとき、息をはきながら



「ふんっ!!」と持ち上げるが、お腹はへこんでいない。




私は、最初なかなか丹田をはりながら発声することができなかった。



そこで、骨盤コルセットをギュッとまきながら練習した。



コルセットの圧力を押し返すように下腹をはって発声することで、声が



よくなるというもの。




息を吸うときも、なるべく大きく身体にとりこむように吸うようにする。



今でも、時々は骨盤コルセットをしながら練習しているから。




ご覧いただき参考になりましたら、実践にお役立てください♪





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別更新