FC2ブログ

息を吐いて、息を止めて、声を出す。それに、声が乗っかる!!これかな?


ご覧いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






8f4c792376c15d03007ee36252930357_t.jpg





声帯は鍛えることが出来ないし、自由に扱うことも、なかなかの



至難の技と言える。




声を出すための調整器官だから、歌を歌うようになるとは、



まさか思っていなかった。大昔のご先祖たちは。。。





地球上の動物で、話すこと、歌うことは人間だけしか出来ない。



この声帯を意識すればするほどに、喉に余計な力が入ってしまう。



本来、声帯(声門)は力むところではないんだ。





外部からストレスをかけ、喉を絞めて声を出していたのが、いきなり、



声帯の周り、首や肩の力を抜いてと言われても・・・なかなか急に。



出来るものではありません。



長年かけての習慣は、現実的には、そう簡単には治りません。




『自分の声帯がどうなってるか?』




がわかる人がほとんどいないのも現実である。





普段、息をするときには、開いていて、声を出す時には、閉じている。



これが、実感としてつかめないようである。



息と声をコントロールしている器官である声帯の動きをつかむこと。





ただ、なんとなく歌っている発声を、これからは開いて、閉じて、



声を出す。この流れを身体でつかむ。



また、この流れをできるように練習することが、とても大切である。



~練習法の紹介~




①口を開いて息を吸う。



②ハア~~と息のみを吐くこと。



③ハア~~の息からハ~を外し、ア~~をつなぐ。(ア~は5~10秒程度)



④②③をスムーズにつなげてア~~~~~(10秒)



◆ポイント◆



※小さな吐息、手を温める息くらいから、始めて、ア~も小さな



ところから、行う。



※意外と簡単そうですが、きちんとはなかなかできないものだ。



※①~④までを10セットやりましょう。



息を吐いて、息を止めて、声を出す。この簡単な練習がつかむコツ



。しっかりと、マスターしてください。



ガンバって実践練習してください。では、また、あした。



お盆という所持により帰省いたします。再投稿お許しください。





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新