FC2ブログ

飛び立つところに離陸点があり、飛び降りる、着地点がある!!


ご覧いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






201779785_ad6463a54d_201808121003116aa.jpg





今日は、飛行機を例えにとってみた。



お盆の帰省に、道路には他府県の車が溢れている。



あちらこちらでは、花火大会も行われている。^^^



声を発するときには、離れる瞬間がある。



前に向かって、上に向って飛び立とうとする。



一音、一語にあるものを発するのである。




漠然と、ぼやっとしているとやり過ごしてしまう。



自分の身体という陸地から離れるときが、わかるだろうか?




息であり、声であり、間であり、まさに、飛行機のように飛ぶ。



その瞬間が、わかる時、わからない時がある。




わたしたちは、幾つもの航路を持っている。



航路には、飛行すべき道がある。




息と声の、通り道がある。今どこを通っているか?GPSがあり、



MAPがないと、飛び立てない。つまりは、離陸である。




自動操縦だろうか?手動操縦だろうか?




『声は勝手に出るもの』と思っていないだろうか?



わたしは、手動であり、自分で動かす意味の自動と思う。




離陸があれば、着陸もある。



事故の多くは、離陸時と着陸時であるようだ。



飛行中、何千メートル地点では、事故の確率は少ないとある。



声は、飛び立つ離陸点は重要であり、どこに降りるか。



ということは、どこに音がくるか。ということになる。



飛行機では、行きたいところに、行くための航路は決まっている。



声の道も、じつは、決まっているのだ。



ただし、ここを通って、流れていくとはそんなには、たくさんはない。



口か鼻であろうか。




そこからの、共鳴腔に広がるわけだから。




声の離れる地点、現在地って重要だと思ってほしい。



点のつながりは線になり、線のつながりが面に・・・と連鎖する。



飛び立つところに離陸点があり、飛び降りる、着地点がある。



意識の世界に話ではなく、現実の話であるのだから。




声の流れや飛び回り方があるということ。



ただ、漠然と声が出ているものではないのだから。。。






いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新