FC2ブログ

ブタ声「ンゴ・ンゴ・ンゴ・・・」は効果あり!!


ありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






今朝は、冷えました^^^さむ~う。キライだから・・・。




昨夜、打ち合わせに行った先では、ホットカーペットが入ってた。




そろそろ、灯油を入れて、ファンヒータ点火かな?と思った。





変わって・・・




そもそも「軟口蓋(なんこうがい)」ってどこですか?




軟口蓋は、口蓋垂(こうがいすい、のどちんこ)がくっついている




柔らかいところ。指をあてれば、「うえ~っ」となるところ。





今回は、軟口蓋が重要となる話。





正しい発声とは、まず喉が開いていることは基本ですが、




それは、喉仏が下がっていて、軟口蓋が上がっている状態。




なので喉を本当の意味で正しく開ける為には、必ず軟口蓋を




上げる必要がおきるんです。




また声は軟口蓋を上げる事で、結果的に鼻腔を広く確保する事が





できるために、豊かな響きで歌う事ができるようになるというもの。





逆にそこがダメになると声の響きは低くなり、いわゆる喉声という




状態になってしまいやすい。





「目の大きく開け」ともよく言われるのですが、これも同じで、




声は喉だけではなく、鼻腔の空間も広くしなければいけない。




に、つながる。




ここで、軟口蓋の上げかたに「ブタ声」を使うこと。




ややこしいから、どうしてか?は考えないでください。




発声学を専門的に話すと、こんがらがるので省略するので。





むずかしいことは、省いて、簡単でわかりやすく。とコメントありまして。





b1b4f30b0c95e1fa349f65ab2d4fee20--cute-baby-pigs-cute-piglets.jpg





「ンゴーゴーゴー」とブタの鳴き声^^^^




とにかく・・・「ンゴー・ンゴー・ンゴー」とブタの鳴き声をマネてください。




単純な話しですが、軟口蓋が動きやすくなるという話。




先ほどの、鼻腔へのとおりがよくなるはずなんです。




「ゴーゴー」を歌前にウォーミングUPのために15秒くらい




やってみてくださいね。出やすくなるはずですよ。





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新