FC2ブログ

ボーカリスト(歌い手)にとってのモニターの働きとは・・・?


ありがとうございます。



ボイストレーナーの新谷です。





今日も、清々しい快晴だ。洗濯日和の代名詞である。




ボーカリスト(歌い手)にとってのモニターは?




だから、歌い手にとってのモニターというのは、「いかに自分が




歌いやすくするか?」というコンセプトで考えればいいと思う。





カラオケ音源が聴き取りずらければ、リズムや音程を外してしまい




がちになるし、自分の声が十分に聴こえていないと、やはり歌う音程に




よってはを狂いやすかったり、大きな声を出しすぎて喉を痛めてしまう。




これは、カラオケボックスでも同じで、カラオケルームの機械のマイクとか




エコーとかをいじって調節して、歌いやすくすることなんかも「モニターの




調整」ということになる。




むしろ、カラオケボックスは色んな人が利用して、音量の設定も前の人が





いじったままになっていたりするので、自分が歌いやすい環境なのか、





歌いながらも意識することはとっても大切だ。




また、





どんなに歌が上手い人でも、モニターが悪く、環境が整っていない




場合にはその実力を100パーセント出し切ることは非常に難しいと思う。





逆に、ステージ慣れしている人、ボーカリストとして経験をたくさん




積んでいる人は、このモニターの重要性を十分に認識していて、




初めて歌うホールだったとしてもしっかりとリハーサルの段階で




調整をして本番に臨んでいますね。




昨日のような、ぶっつけ本番であればオールラウンドに対応できる




ような、モニター調整をしないといけないだろうな!!




これは、あくまでも聴いていての印象に他ならないが・・・!!





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別更新