FC2ブログ

力を抜くと「スゴイ」力みをとると「スゴイ」

いつも、ありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。






さ~あ「力を抜いた方がスゴイ」とありますが、




ここのとこを、もう少し詳しく見ていきましょう。




『声量が足りない。大きな声は出るが、長く続かない。』




こういうケースは脱力できずに、力任せに声を出しているのでしょうね。




というのは、身体に余分な力が入っていると、声は出なくなってしまうのです。




声というのは『呼気(吐く息)』を使って出すのですが、これは『呼吸筋』の




動きで行われる。





呼吸筋とは、横隔膜や外肋間筋などの筋肉が、緊張したり緩んだり




することで、呼吸がくり返し行われるのです。




しかし、『呼吸筋』というは、息を吐くための筋肉ではなく、




息を吸うための筋肉で、声を出すための筋肉ではないのです。




それじゃ、どうやって声が出るのかというと、空気を吸ったあと、




呼吸筋が緩むときに声がついて出るわけなのです。




男性は主に腹式呼吸。女性は主に胸式呼吸といわれ、安静時は




この二つの呼吸法を併用して呼吸をしているのです。




それで、走ったあとに『ハア~ハア~』と肩を動かし呼吸するのは、




首の筋肉が呼吸の補助のために働くからです。





ed20fdbc.jpg




これじゃ・・・抜きすぎじゃないかな?落ちるよ^^^




力を抜きすぎじゃないかな?ふにゃ~ふにゃ~^^^^^^





では、まとめてみますね。




声を出す以外の呼吸というのは全て、呼吸筋を使って息を吸い込むわけで、




息を吐くときは筋肉が緩むのが普通なんです。




筋肉の緩みを持たせるために、柔軟やストレッチで柔らかく、ほぐし、筋肉を




固くしない、固い筋肉を柔らかくすることが必ず声の鳴りも良くなるのです。




全ての筋肉や呼吸群は力んじゃダメなんですね。




ボクシングの選手が、リング上で軽やかに動く姿を見るが、



あれがリラックスしたポーズなんですよ^^^おわかりでしょうか?





いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別更新