FC2ブログ

不安定な発声の原因は、『骨盤』のゆがみにあった!!


不安定な発声の原因は、『骨盤』のゆがみにあった!!


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく \(^o^)/

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


ココにポチよろしくお願いします。


にほんブログ村


『構え』という言葉ですが、ポーズや姿勢という意味があると思われます。

『身構え』・・・身体の準備でしょうし、『心構え』・・・心の準備ですね。

いずれもその基本となるものは、「臍下丹田(せいかたんでん)」にあると

思います。


~余談~

・鼻をつまんで、母音を「い~え~あ~お~う」と声を出してみましょう。

その時には、どうなるのでしょう?

下腹に気が行きますね。「腰が据わるようになるはずです。」



歌を歌うことには、腹式呼吸が大切なのですが、横隔膜を下げることも過去には、

お伝えしましたね。


しかし、腹式呼吸をつかさどるを横隔膜で動きをコントロールするところまで、

それはお解かりになられていると思うのですが・・・。


じつは、呼吸の支えとなる筋肉を骨盤の存在が重要なんです。

肺が拡張すると、横隔膜が内臓を押し下げ、それにより、内臓を落として行きます。


そこで、骨盤が登場するのですが、ここで、「不安定な発声の原因は、骨盤のゆがみ」

となります。


これは、骨盤の骨が変形し、ゆがんでいるということではありません。

~例えば~

女性なら、ハイヒールを履いていると、つま先に重心がかかって前傾姿勢になるため、

そのままでは前に倒れてしまいかねないのですが、それを脳が重心を前にズレて

バランスを取っているという感じです。



beruto2.jpg

日常の姿勢や立ち・座り・歩行・・・ポーズに、関節に気をはる。


問題は、ここですが、安定感を失わないように筋肉が体重を逃がそうとします。

筋肉の張りだしや体重の重心をあわしょうとする行為は、脱力が必要な

わたしたちには、落とし穴的なものです。


「一青窈さん」のコンサートはステージ上で「素足」で、しっかり板についていました。

トレーニングをするとき、「素足」は大いに賛成いたします。

服装も動きやすいもので、履物は、ローヒールか運動靴でしょうね。(#^.^#)


わたし事では、ジャージ、スニーカー、Tシャツ・・・でしたね。

壁に、背中をつけて、発声や歌の練習をお勧めします。


最初は、苦しく窮屈ですが、出なかった高音や苦しかったフレーズが「すっと」

一声で歌えたり、効果が目に見えて表れたら驚きでしょう。


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新