FC2ブログ

『声は、全身から出せ!』と言われても、ムリでしょ!?

『声は、全身から出せ!』と言われても、ムリでしょ!?


ボイスカウンセラーの新谷です。^*^_^*^


このブログにポチをよろしくお願いしますね。


ここにポチください

~にほんブログ村vocalブログ~


010414_1Shinjyuku_Ichou23L_201608102355193a0.jpg

緑は、酸素を出しますね、わたしたちの息・・・。



声帯で発した声は、咽頭腔(喉の奥)、鼻腔(鼻の空間)、口腔(口の中)

といった「共鳴腔(共鳴できる空間)」で共鳴します。


同じように歌ってても、一人ひとりの声が違うように、音色には個人差があります。

それは、その人独特の共鳴(響きや振動)があって、その共鳴は倍音(部分音の一種)

の量によって決まっています。



~息と声の流れと共鳴~


「身体を楽器としてとらえ、全身に響かせる。」とよく言われますが、

実際に、共鳴するとこは部分的じゃなく、全身でもなくなく、『声』の音源は、

①口腔・・・

②鼻腔・・・

③咽頭腔・・・

これらが共鳴腔と考えられています。




~息の流れは大きく分けて三つです。~



①口からの息の流れ。

・口で呼吸をし、「ハァー」無声音の「H」から、有声母音の「A」を出す。

・鼻をつまんで音色が変わらないことを確認する。

・今度は手のひらで口を押さえてみる。

・声も息も止まることを確認する。


②鼻からの息の流れ。

・鼻からの呼吸をしながら、口を閉じて、舌を前歯の内側の付け根に

ひっかけたまま「ンー」と声を出す。

・だんだん口を開けていく。

・口を押さえても音色が変わらないことを確認する。

・今度は鼻をつまんでみる。

・息も声も止まるのを確認する。


③口と鼻の両方からの息の流れ。

「マー」で声を出す。鼻をつまんで、口を押さえても、両方とも息も止まらず、

音色が変わることを確認する。




※ボーカル的についての共鳴では・・・主観として。


・鼻の共鳴を使うよりも、口腔と上咽頭の共鳴を主体にした方がでしょうね。

・口腔だけの声は、身体内部で感じる感覚を口腔の前歯を中心に感じますね。


・口腔+上咽頭の声は、その感覚を上咽頭部に感じます。そして口腔中心の共鳴は、

低めの音の方が出しやすく、上咽頭中心の方は高めの方が出しやすいです。



img_0_2016081023483438a.jpg




つまり・・・

全部が鼻にかかるくせをつけてしまうと、高音、低音とも鼻に共鳴してしまいがちになり、

表情のない、ダイナミックさに欠ける歌声になってしまう懸念があります。


少し、むずかしくなりましたが、ご参考に実践ください。


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新