FC2ブログ

わたし『声量ないから・・・ダメ』ご覧ください!!


じつは、わたしも声量は出なかったのです。って言うのは、ずいぶん古い話ですが・・・。

いつも『先生、大きな声はどうしたら出せるようになりますか?』と尋ねると

このようなことをアドバイスしていただきました。ご一緒にご覧ください。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。






※声量を上げるには?大きな声はどうしたら?・・・。


声量を上げるには、呼吸法と喉と筋肉のコントロールが必要になりました。

そのため、このようなことを教わりました。


☆声量を大きくする・・・。

・呼吸の仕方・・・安定した呼吸法について練習。

・無理をしない喉の使い方・・・身体は響くという練習。

・筋肉の使い方・・・力の加減と力を抜く練習。(脱力)



☆今日は息の練習法を実践します。

風船を大きく膨らませるときのような息が必要になります。

膨らませる多くの息の量が必要で、そして、吐き出す息も少量です。

息は少なく出して、声が乗れば大きく出せるようなイメージでしょうか。



『歌っても、わたし、声が出ないよ』と言う人の歌うときの息の仕方に不安があります。

例えば、風船を膨らませるときのように、集中して息を吹き込むようのでなく、


一つ一つの息が小さかったり、大きかったりとバラバラの状態が多いのです。

そして、ブレスも乱れていたりしますね。


これでは、息の量が足りないことにより、声量を上げるのはムリになってきます。

声量を上げる時の息は、会話の息の10~20倍を必要とするでしょう。



また、むずかしいのは、息をたくさん吸うためには、息を全て吐ききることです。

声量の出せない人は、息を吐ききらないうちに、息を吸おうとすることがあります。



そのため、テンポの速い曲では、ブレスが追いつかなくなって歌えなくなります。

また、かつぜつが上手くいかなく詰まってしまいます。

このようなことが起きることも、息が浅く続かないからです。



歌のテンポや歌詞や抑揚などで、適切な息を保てる人は歌が上手い人です。

『ちょっとくらい』聴いて瞬時に見抜き、息を行っているのですよね。



もちろん練習も今までに沢山しているから、そのような息が出来るのですね。


初心者が声量を上げていくには、息を吸うことと吐くことを感覚的に理解することです。


そのために、一般的な風船をふくらませるという練習を、楽しいと思えるくらいの感覚で、


毎日行うことが成長の秘訣になるはずです。



慣れないうちは酸欠ぎみになり、きついと思ったら、息が整うまで休憩したりして、

無理をしない範囲で練習を実践してみて下さい。ガンバ^^^♪



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新