FC2ブログ

『体幹』を鍛えると声量がUPするワケ!?



『体幹』を鍛えると声量がUPするワケ!?


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。





『歌う時には、お腹から声を出す』と言われますね。


それでは、『お腹』のどこに力を入れたら良いのでしょうか・・・?


さらに、お腹に力を入れるように懸命に腹筋を鍛える人がいますが・・・


歌うために必要なエクササイズとしては、それはホントに正しいのでしょうか?



わたしたちは、スポーツ選手じゃないので、そこまではどうか?って感じますが。


より大きな声を出し、安定した音を出すためには、『腹圧を高める』


ようにするのですが、腹圧とは、お腹全体にかかる圧力のことですが、


腹式呼吸時のお腹の力加減と思ってください。



腹筋自身ではなく、体幹を鍛えるのが役立ちますね。


腹圧は、ムリに力んでもウマくコントロールできないのなんです。


リラックスした状態で力のない『脱力』がもっとも適していると言われます。


また、練習としては腹筋運動をたくさんやっても発声の腹圧効果はありません。



歌うための筋トレを行うのであれば、体幹運動をやりましょう。



コア・トレーニングとも呼ばれて、体幹運動を行えば、歌うときの姿勢も良くなります。


ホントに見た目も格好良くなりますので、いいことつくし。


☆体幹にあるインナーマッスルの鍛え方を紹介しましょう。

この練習を行えば、関節痛や筋肉疲労の予防になります。


足を骨盤の幅くらいに広げて立ったら、手の平を下に向けて腕を真横に

開いてください。これは姿勢が大切。足の上にしっかり頭が乗っている意識します。


ここで片方のひじを上に90度曲げて、拳を軽く握ってください。

さらにバランスを保ちながら、反対側の足を上げてひざをおへその高さに固定。



22dc95fdcba4e4ec4ec3854d082e1f7e1.jpg



この状態からゆっくりと、ひじとひざを付けて10秒キープするのです。左右を変えて2セット、

1日3回行うことで体幹のインナーマッスルが鍛えられます。

数日前にも、体幹ストレッチをご紹介しています、実践くださいね。ガンバ(*^_^*)



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別更新