FC2ブログ

”危険信号”引きこもってると『声』が出なくなる!!



この原因は、声帯周りの筋肉が退化(弱く)からなのでしょうね。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/



いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。






高い声をしっかりと出し、聴いた人が感動するほどの豊かな声を出すためには、

発声のコツや鼻の改善だけではなく、声帯周りの筋肉も適度に鍛えられる必要があります。



声帯自身では発声の機能をしているわけではなく、周りにある筋肉が声帯を引っ張ったり、

閉じたりたり、開いたりして作用しています。



さらに高い音になればなるほど、より声量を出せば出すほど、声帯周りの筋肉への


負荷もそうとうな大きなものになります。




ある有名先生の著書に『解き明かす発声のメカニズム』の中で、こうありました。


『音声外来を持って、驚いたことは、声を酷使して声帯を傷める人に同じくらい、


声に力が入らない人が多いことです』



『学校を引退した先生が家に引きこもると、声がだんだん出なくなるというケースです』


これを私も経験したことがありますね、ボイトレや音楽情報を発信しているここ数年ですが、


ある意味、身の周りには、ポメがいるくらいで無言で過ごすと『あれ~声が、マズイ』って


あまり声を出さない生活がしばらく続いたあと、発声してみると、カラオケで声もが


出なくなったのはもちろん、うるさい外でも相手に声が思うように届かなくなってるかな?


感じたりと、あれ?病気かと思って耳鼻科に、『特に問題なし』と診断されました、




よくよく考えると『黙ってるから声帯周りの筋肉が弱くなってきたのか?』と思い、


器具を使い、CDをかけ、発声をするようにしました。


すると、むしろ今まで以上に高音・声量が出るようになり、発声の仕方は


何も変えていませんから、これは明らかに筋力低下の問題でした。



わたしはこの体験から、毎日、声帯周りの筋肉を鍛えることの重要性を痛感したのでした。


『使わないと衰えるもの、使いすぎも良くないもの、適度に使いましょう。声も筋肉のうち』



293834.png

家で勉強もほどほどに、外で大きな声を出して遊びましょう~


”危険信号”引きこもってると『声』が出なくなる!!



最後まで、お読みいただきホントに感謝します。ありがと~う\(^o^)/


また、ご覧いただけるのを楽しみにしてます。では、またあした・・・。



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新