FC2ブログ

歌の『上達の目安にはブレスの回数』が関連するのです。!!

ブレスが多くなってくれば、それは歌が上達しているから?

プロのマネして歌ってみましょう。特に、ブレスは重要ですね。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。~よろしく~^^(^o^)^^


僕のことポチして?お願いしますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
~人気ランキング参加してます~


ボーカリストの上達の秘訣はブレスと言われ『息つぎのハ~ッ』

プロボーカリストのブレス=息つぎの音が入っていることが良くあります。


聴いたことはありますか? こんな所に意識をつかってください。

『ハ~っ』とか、たまには聞こえますよね~。



実は、この『ハッ』や『ハー』というブレスのいろいろなことで、

ボーカリストがどういうリズムを感じているのかわかります。



ブレスを聞き取ってマネする→そのボーカリストが感じているリズムを

感じて歌うことができることが上達になります!

ということで、ブレスの何を聞き取るのでしょうか?



①息を吸う長さ・・・時間的なもの。

②ブレスのタイミング・・・ 言葉?フレーズ?の区切。



カンタン!細かくリズムを感じていれば『ハッ』と短く息を吸って、

ゆったりとリズムを感じていれば『ハー』とゆったり息を吸っています。



細かくリズムを感じる曲で、ゆったりと息を吸っているとかっこ悪くなるのです。

ボーカリストは、リズムに合ったタイミングでブレスをする必要があります。

フレーズや単語の空間で息を吸っている、これはリズムに合わせているのです。



ブレスの長さ、タイミングは、上手くなるためにはとっても大切な要素です!

もし、ブレス無しで歌が歌いきれるのなら、それでもOKと思います。



しかし、それでは、キチンした声が出ませんし、抑揚もつけられません。

ちなみに歌が下手な人は、ブレスの回数が少なく、歌の上手い人は、

ブレスの回数は多い傾向になります。




これはどうしてでしょう?

例えば・・・『ゆきがふるあなたはこない』

と言うフレーズを、歌が下手な人はひと息で歌っています。

『ゆきがふる あなたはこない』



ホントに上手い人は、詞の意味を考え

『ゆきが ふる あなたは こない』

と言う感じで、言葉単位で息を切り替えながら歌います。




このようにすると、詞の意味がハッキリし、気持がのせやすくなります。

リスナーも当然ながら心地よく聴こえてきます。

さらに、フレーズを決めよくおさめて行きましょう。



もちろん曲によりますが、アマチュアが3回くらいのブレスで唄ってしまうフレーズを、

プロは5~10回くらいのブレスで歌っています。


よくありますが、曲の最後をシッカリ伸ばそうと思うのですが、

『息が続かなくて伸ばせない』なんていうことあります。

それは、一息で歌ってしまうからです。


shoryu0101_201610301958048ff.jpg



プロボーカルは細かく自然なブレスを行ないますので、最後が楽々と伸ばせるのです。

単語やフレーズでキッチリとブレスを行なうというのは、思っているほど簡単ではありません。



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新