fc2ブログ

【誤り】は、ミキシング!!ギター音をヴォーカル以上に出してしまう!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~です。


hiki2-1024x683.jpg



多くのバンドでの誤りは、ミキシングで、ギターをヴォーカル


以上に出してしまうからです。



楽器はいくらでも高い音、大きな音がどんどん出せます。


しかし、ヴォーカルを聞かせたいのなら、ギターやバンドの

音自体をおとす。下げることですよね。


ただし、ハードロックやヘビーでは、そういうわけにはいきませんが。


もちろん、本当の原因はヴォーカリストが高い音をしっかりと歌えて

いないからですが。



ヴォーカルとして、充分に使いこなせるだける楽器になっていない

からなのです。

 

高い音は、中音域をかなりのレベルまでマスターした上で


始めるべきであるというのが、私の考えです。



高音での問題というのは、高音をトレーニングする前までに正しく


ヴォイストレーニングをして、体という楽器をしっかりと


つくっておかないと、それほどもでません。



感情を表現できる声の出し方と言葉とひびきのバランスを

とるということに、おのずと限られてくるからです。



 ところが基本がきちんとできていない人が、高音を出すと、


それまでに本来片づけなくてはいけなかった問題が

山積みになっている


わけですから、もはや、どうしようもありません。


それこそ、喉を締め、首を締め、二、三音下がって


音域が広がっては、また狭くなるということになり、


本来の進歩が止まってしまう。



そしてくせのついた発声になって喉を痛めてしまう結果となります。

これを根本的に解決していきたいのなら、


自分が楽に出せる一番高い音、



そこから二、三音下を何度もトレーニングすることをお勧めします。


中高音をしっかり、だせるようになり上げるようにするのです。



~解放するトレーニング~
 
言葉をしっかりと言える音域のなかで、言葉をひびかせてみましょう。


(1)いまは~、もう~、だれも~愛せない~

(2)毎日~毎日ぼくらは、鉄板のうえで・・・

これらが、いいのですよ。実践してくださいね。



今回も最後まで、お読みいただき感謝いたししす


応援は、マークに、いつものポチしてね。\(^o^)/
ここよ





関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別更新