FC2ブログ

『大きな声量』は、じつは『量』でなかった!!根本は『響き』だ!!

今日もご訪問いただきありがとうございます。


こんにちは、カウンセラーの新谷です(^o^)よろしく~~です。



『わたし・・・声量を増やしたい』


『肺活量をつよく、するのかな?』


と、お悩みの人たちが多いのです~よ。




これ、まったく無関係とは言えませんが。。。



肺活量を増やして、声量がUPするというのは違う。




まず、声は声帯を通る息のことで、より多く出せたほうが、



有利ではあるのですが、それがすべて声量にはなりません。



肺活量とは、肺に一度に集められた空気を吐き出す時の量で、


どれだけ出せるかということ。




結論から言うと肺活量を増やす練習をしたところで、


たくさんの空気を上手に機能できないと意味がない。



それでは、声量を上げたい時は、肺活量を増やすのではなく、



息と声のコントロールを身につけて、はじめて意味があるものです。




以前“千の風になって”秋川雅史さんが、『肺の大きい人、


肺活量のある人、というとどんな人を想像しますか?


たいてい身体の大きい人を思い浮かべますね。


声楽家のほとんどは、標準的な肺活量です。


2倍もありません。少し多いくらい普通です。


特殊な訓練を特にしていませんけど』


と、番組で話されていました。



水泳やマラソンなどでも、身体の小さい人でも肺活量が多い人がいる。



呼吸筋や横隔膜や腹筋や背筋・・・を少し鍛えること。



2-4-300x300.jpg


このパワーブリースは、呼吸筋を強化するのに即効性がありました。


日常は、無声音の練習を行います。はじめの頃・・・・


口に咥えて吸うと『肩や首や胸』の周囲が、翌日は筋肉痛でした。^^^



それより、『息の流れと響きの部分』を勉強した方が正解です。



このつづきは、、『息の流れと響きの部分』は次回にいたします。





いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ

この下のお祭りうちわにもポチOKで~す。


ボーカルランキング1位大感謝


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別更新