FC2ブログ

『共鳴の正体見たり・・・』今からでも変わる!!

今日もご訪問いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。よろしく~で~す。\(^o^)/



昨日は、兵庫県を台風18号が通過した。


和歌山でも、39、4mの暴風雨で大荒れだったので、


皆さま、いかがでしたでしょうか?お見舞申し上げます。




共鳴ができる以前に、共鳴って何か?どんなことか?


それを知ることは、非常に大切なことだと認識ください。



共鳴とは=響きということ。響くということ。


お寺の鐘が、『ゴーン~ゴーン~』と鳴り響く。


金属であり、あんなに重いのに、大きく長~く響く。


物理的な話しは横に置いて、こと、声について考えると、


響く部分というか、体の響くところを説明しておきます。



20151221185005_20170918190458c49.png



高音と響きは、この軟口蓋が決める!!



yjimage_20170918165824a68.jpg


共鳴のしくみ図(1)(2)(3)(4)が主な空洞


(1)咽頭・・・気道上部の喉の空間(空洞)と思ってください。


音は、穴や空間に響きを集めていく。



(2)喉頭・・・声帯周りの気管。


声帯も含めた部分とイメージします。



(3)口腔・・・口腔とは、口の中。



(4)鼻腔・・・鼻の穴から奥にかけての空洞。



(5)頭部・・・頂頭部・頭のてっぺん。



(6)胸郭・・・肋骨と肺の空洞。



主な、共鳴部はこの辺りとなります。



※響き、共鳴部に息を流す。当てていくとイメージする。


人の感性や感覚はイメージすると届くという性質がある。


『ここに、来い!』と意識すれば、ここに集まるものです。


『そこに、行け!』と意識すれば、そこに集まるものです。



誰でも、集中力を高めるとそうなるんです。


『共鳴の正体とは、響く空洞、穴に集中力を集め、息を集める。』


息が来れば、声はついてくるという特性を使うのですよ!!


響きのある声は、響く空洞に当る発声をしているから、たまたまではない。



とくに、高音には、軟口蓋から鼻腔奥に当るように、


口腔内でも、上あごの硬口蓋(上あごのドーム)に添うように当る。


息の流れ、当りを感じれば、声が乗るのでガンバ!!



最後まで、お読みいただき感謝いたします。



一日一回でOKです。応援のポチお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新