FC2ブログ

緊張しやすい人の逆転克服術!!

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。




発表会などの舞台に立つと、どうしても緊張してしまって普段通りの


歌唱ができないという人は少なくないはずです。



人が緊張すると、呼吸や脈拍が普段より早くなり、顔が火照ったりのどが


渇き始めたりします。



さらには、体が動きにくく感じられたり、口が回りにくくなって、頭まで


真っ白になってしまう場合もあります。




こうした緊張状態は、『アドレナリン』というホルモンが分泌された


状態となるようです。



血圧上昇や気管拡張が起こります。


それでは、どうしたらその緊張感を克服することができるでしょうか?


あまりにもリラッツクスし過ぎると高い成果は望めません。



逆に、過度の緊張は能力を半減させてしまいます。


実力的に差がない場合、心の迷いや、不安感によって大きな勝敗の


差がでたり、記録が生まれてしまいます。



人の心理とは、不思議なもので『緊張してはいけない』と考えれば、


余計に緊張感が高くなるものです。




こうした心理アプローチには反射性という身体にアップローチを


かけてみるのです。




054-kincho8.jpg




640x460xtopic_big_01_jpg_pagespeed_ic_Ia-Xl6AhUL_20171229131815d4d.jpg




〇例えば・・・。


◆両肩を耳につけるほどギュッと持ち上げて、ストンと落とす。


◆息をうまく吸えないなら、スーッと歯のすき間に息を吐きあてる。


いっぱいいっぱい、限界まで吐き切るとスッと自然と入る。


自然と吸えるようになるのです。



◆普段よりマイクを遠くに離して持つ、遠目に構える。そこに、


向ってしっかりと声を出す心がけ。



このようなことを、やってみましょう、また、違う変化点が現われますよ。




最後まで、おつき合いいただきありがとうございました。



一日一回でOKです。応援の応援もお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新