FC2ブログ

【共鳴】いい声の正体は響きに存在!!響きは倍音に大きく左右される!!

いつも、ご覧いただきありがとうございます

よろしくお願いします。ボイストレーナーの新谷健です。




ripples-of-water2-640x400.jpg

水の広がりをよく見てください。中心はわたしたち、そこから広がる。


いくつもの、輪が広がるのです。声も波及と思うのですよ。


波が広がるほどに声も広がるとイメージしながら発声しましょう。




◆良い声の正体は、『響きのある声=倍音』にあると思うのです。


つまり、この『倍音』というものをマスターできれば、『声色』をコント


ロールできることになりますよね。




一般的には、聴く人では、倍音の多く含まれている声を好むと


言われています。


時と場合にもよりますが、普通に『ボケた・暗い・こもり声』よりも


『はっきり・明るい・とおる声』の方が気持ちよく聴こえますよね。


あと・・・すごく高い倍音が適度に含まれている声を聴くと、人は


快感を感じるようになるそうです。




今回は、倍音が出せるようなボイトレについて話しておきますね。


〇まずは・・・


倍音量を増やすには、体内での声の共鳴を増やすことが重要です。


体内で声の共鳴が起こるとされている主な場所は、胸」「喉」「鼻腔の3


箇所です。これは、大まかに分けていますが・・・注意ですが。




これを正しくは、『胸や鼻腔』に響くのではなくて、喉の上の響きを


『鼻に響いている』と感じ、喉の下の響きを『胸に響いている』と感じる、


と言った方が正確なのでしょうね。^^^



その中でも特に倍音をコントロールし、声色を変えさせる事に影響を


及ぼす部分はというと・・・の2つになります。


〇鼻腔による共鳴。

〇咽頭腔による共鳴。




鼻腔共鳴は主に高音で使うのですが、特徴としては、


高い声(周波数)の倍音を増やさせる効果を持っています 。


なので、あなたの声が『重い、抜けが良くない~』ならと思う時は、


鼻腔共鳴を強めて同じ高さであっても、声に明るさや軽さがつき、


抜けも良くなって響く声に変わるのです。



また・・・一方・・・


咽頭腔の共鳴は主に低音で使うのですが、特徴としては、低い声の


倍音を増やしてくれる効果を持っています 。



もうおわかりでしょうが、共鳴腔は音の高さによって使い分ける事が


基礎的な使い方ですが、音の高さに関係なく、声色・声質を変化させる


為に共鳴腔を使い分ける事も重要な作用です。



◆まとめてみましょう~♪


〇高音でも、声に深さや重さを加えたい場合は咽頭腔共鳴を強く。


〇低音でも、声に軽るさや明るさを加えたい場合は鼻腔共鳴を強く。


このように、するという使い方もあると思います。


ふたつの高度な共鳴腔の使い分けをするには、ある程度声帯を


コントロールできないといけないので声帯トレーニングも同時に


行っておく必要がありますね。


今回は、理屈ぽくってすみません。ただ、なんとなく、おわかり


頂けたのでしょうか?




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




最後までご訪問いただきありがとうございました。



この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別更新