FC2ブログ

【迷信】歌を歌うのに腹式呼吸は必要ない!!

いつも、ご覧いただきありがとうございます

よろしくお願いします。ボイストレーナーの新谷健です。




無題




『歌には、腹式呼吸は必要だ』ということをよく聞くことがあります。


しかし、じつは歌を歌う際に腹式呼吸はほとんど必要ありません。



声帯が腹筋によって大量の腹式呼吸に耐えられないまでは、


むしろ、腹筋は使われてはいません。


声帯が、腹式呼吸に耐えられる充分な強さになるまでには5年くらい


はかかるでしょうね。



でも、、マイクがある現在では、その状態になる必要はありません。


では、なぜここまで腹式呼吸が世の中に広まってしまったのでしょう?


それは、以下のような歴史があるのです。




昔、この発声法はイタリアの音楽学校で教えられていました。


これは、今から数百年前の頃で、このころはマイクがありません。


この発声法は、当時、自由自在に大きな音量で歌える画期的な


発声法 として、実に重宝された発声法でした。


しかし、『見えない筋肉を成長させるトレーニング』は、ホールに響き


渡るほどの声量を持つほどに声帯を成長させるには非常に時間が


かかる発声法でした。



それにしびれをきたしたあるボイストレーナーが、「面倒くさい!


お腹を使って発声すればいい」という発想でもって、最初から


お腹を使い、声を押し出す発声法を始めたのです。


それが広がってしまい、現在にまで至るようになってしまったのです。



もちろん、それに耐えうる声帯になれば、腹式呼吸を利用することは


もちろん可能です。


しかし、マイクなどの音響設備が整っている現在では、“声量”


そのものが必要とされていません。


あなたの憧れのアーティストが、マイクなしのアカペラでホールを


包んでしまうほどの声量を持つオペラ歌手ではない以上、


腹式呼吸は必要ありません。


つまり、あなたにとって腹式呼吸は必要ないものなのです。



わたしも腹式呼吸信者でした。これを知って『目からウロコ』でした。


ただし、息継ぎのブレスは必要です。お間違いのないように・・・。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




最後までご訪問いただきありがとうございました。



この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新