ブレス位置が歌の説得力をつくり、感情表現を大きく左右する!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただきホントにありがとうございます。





声老け




歌を歌うためには、息が必要です。


このため、歌の途中でブレス(=息継ぎ)をする必要があります。


しかし、感情が伝わってこないアーティストの歌を聴いていると、


息継ぎの場所が適切ではない場合が多いですね。


ある生徒もわたしから指摘されて自分の歌を聴いてみたのですが、


まさにこの通りだった。




例えば、『君を愛している』という歌詞があるとしましょう。


このフレーズの中で息継ぎをする場合、その適切な箇所は


「きみをV=(息継ぎ)あいしている」です。




このときの、聴こえ方は「きみをVあいしている」になります。このため、


「君を愛している」というメッセージが聴き手にしっかりと伝わります。



しかし、息継ぎの場所を意識していない場合、


『きみをあV(息継ぎ)いしている』


『きみをあいしていV(息継ぎ)る』


となってしまっている人も多いですね。



この結果、聴こえ方は「あV・いしている」や「あいしていV・る」


になります。


声に出して読んでみると分かるのですが、息継ぎの場所で


途切れて聴こえます。




これでは、『君を愛している』に聴こえないのです。


すると、歌に込められた『愛している』という感情が薄れて


しまいます。



一見、歌に感情を表現することと、息継ぎの場所は関係ないように


思えますが・・・。




しかし、息継ぎの場所は、感情を伝える上でとても重要な


ウイークポイントです。


歌は語れ、セリフのように、お芝居のように・・・と言われるところ


が、ここにあると思いませんか?




感情を表現する言葉が不自然に聴こえないよう、息継ぎの位置を


見直してみてください。それがきっと、あなたの歌の表現には


プラスとなるはずですよ。ガンバ・・・実践あるのみです!!




今回のテーマは


『ブレス位置が歌の説得力をつくり、感情表現を大きく左右する!!』


ということでした。いかがでしたでしょうか?




最後までお読みいただき感謝いたします。では、また、明日・・・\(^o^)/



ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




最後までご訪問いただきありがとうございました。



この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-