『練習では120%』をやれ!!『本番では100%』をやれ!!80対20の原理!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





20180219-OHT1I50004-L.jpg

前人未到の4回転半パノラマ・スロー写真。

練習では、4回転半?5回転?できたのかな?疑問ですね。




『練習では120%』をやれ!!『本番では100%』をやれ!!


◆80対20の原理


これは、たしか2年前の5月に県民文化会館での『郷ひろみさん』


が、ステージでのパフォーマンス中に語ったセリフであります。




『僕は、練習は120%やるんです。疲れてもうムリだというところまで。


そうですね・・・練習でいい加減にやって100%できたとすれば、本番


のステージでは80%しか出せないんですよ。』


『20%は落ちるのです。同じようにやっても・・・』




ナゼか?ということは語りませんでしたが、プロってそんなものか!


今ここで観せるものの20%UPの力で練習してるんだ!!すごい!!


プロのアーティストのすごさと自分には到底ムリな話と衝撃を受けた。




練習で・・・出来ることが120%とする。


本番で・・・出来ることは100%になる。


について・・・もう少し詳しくみていきましょうか。




これは、『本番の舞台で、今回はやりたいと思っていること』を練習する。


また、やりたいと思っている事を見つけることができていますか?


もし、今、見つからなければ、この練習の中でそれを見つけること。


これがホントに良い練習になる。練習は本番で、できるためのこと


を実践するのです。




変化のない、義務のように感じる練習では、成長が見えません。


それでは、本番では全く結果が出せないようになる。




~例えば、スケートの世界~


スケートの世界では、練習では3回転ジャンプしかできない


選手がいるとしましょう。


その選手は試合では3回転ジャンプができないとされる。




それは、なぜでしょう?


試合では、練習ありきの出来て『3回転』出来なくて『2回転』となる。


3回転をしたければ、4回転を成功させていないとダメとなる。



これは、何もスケート演技に限ったことではない。




わたしたちの、歌も同じように、日頃の練習で出せない声が


本番では、出せるわけはない。と認識してください。




つまり、練習時の完成度を20%UPはさせること。


『パフォーマンスは、練習で120%出せるようになっておく。』




練習で120%出来ること。→本番100%出来ることだから。


練習での失敗や実践練習が多いほど有効な練習になるはず。




『練習では120%』やれること『本番で100%』が可能となる!!


すべては練習ありきなんだ。80対20の原理が生きるのです。  


いつも、最後まで、お読みいただき感謝します。



ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

人気ボイストレーニングブログ


最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-