【効率】歌の上達が早い人や歌うまの人には共通した練習法があった!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





20180307_144a.jpg




今日のテーマは・・・【効率】


歌の上達が早い人や歌うまの人には共通する練習法があった!!


では、いくつか、主観も入れながらその特徴を書いてみます! !




【歌の上達が早い人や歌うまの人には共通した練習法があった】




(1)歌の聴き方にセンスがある。 聴いているポイントが違う。




一般的に、聴く時は「メロディー」や「歌詞」に耳が行ってしまいます。


しかし、わたしは、もっと他の部分に注目して聴いています。



それは、・・・以下に箇条書きしておきます。


・曲全体の流れを把握する。


・ボーカリストのフレージング性。


・声質をイメージして、明暗、メリハリ、A~サビ~エンディングまで。


・自分と重ね合わせてみる。



メロディーや歌詞覚えは、そんなに難しく考えないでください。


ホントは時間がかかり、とても大切な作業は、構成ということです。


曲のつくり方ということを理解して聴くことです。



この違いは、とても大きな差を生むことになります。 後には、


表現力の差として、聴衆に、『いい歌だな~』と感動が現われます。




(2)アカペラで歌う。 CDやカラオケを外して歌う。




よく、CD音源と一緒に歌っている時は、上手く歌えていると思っています。


『カラオケの伴奏に合わせると上手く歌えない』という生徒さんがいます。




それは、歌手の声が入っている音源と一緒に歌うと、それに引っ張られて、


合わせていってしまいます。


自分の声で表現するところまで、行けていない状態です。


アカペラで歌う事は、曲をしっかり捉えられているかを確認できる、


もっとも良い練習方法です。 と、同時に、ハーモニ感、リズム感も


鍛えらえます。カラオケCDについて歌うなら、まだ良いでしょうが。




(3)短いフレーズを、繰り返しくり返し練習する。



フルコーラスを何度も歌うより、細かくフレーズを区切って練習する。


一見、時間がかかりそうでしょうが、結果的に、クオリティーの高い


歌が歌えるようになります。


・面倒くさがって、一気に、最後まで歌わないこと。


・ワンコーラスだけ徹底する。



・Aメロ部分だけ、メロ部分を、ともかく焦点を絞る。


・ウル覚えで、とおし歌いながら修正することはやめる。



・しっかりと聴く耳を持った人にアシストしてもらいましょう。



と、いくつか、特徴をあげてみました。



あなたの練習と照らし合わせてみて、いかがでしたでしょうか?


同じ練習時間を確保するなら、効率的な練習をしたいですよね!!


ぜひ、日頃の練習に取り入れてくださいね。 では、また、明日~~




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

人気ボイストレーニングブログ


最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-