【訃報】西城秀樹さん逝く!!もう聞けない“秀樹感激!!大きな喪失感!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





80751_201010050352370001286283079c.jpg

YMCAヤングマンに元気モリモリ!!だった~



【逝く】西城秀樹さんが音楽業界に影響を与えた「文化」と


「歌唱テクニック」などについて報じられていた。





昭和の歌謡界,いや、平成にまでも大きな影響力を持った秀樹さん。



急性心不全のため、5月16日に63歳でこの世を去った、西城秀樹さん。


2003年と11年に脳梗塞を発症、右半身の麻痺が残る状態ではあった。


強い意志のもとリハビリを続けながら最近までステージに立ち続けてきた。

 


72年のデビューから、『激しい恋』『傷だらけのローラ』『ギャランドゥ』など


数々のヒット曲を連発、郷ひろみ・野口五郎と“新御三家”と呼ばれる


人気スターだった。

 


その独特のシャウト唱法は、後のJ-ROCKアーティストたちにも影響を


与えた。97年には、THE HIGH-LOWSやROLLY、ダイヤモンド☆ユカイ


など、西城秀樹さんに憧れて育った。


有名ロックアーティストが参加したトリビュートアルバム『西城秀樹


ROCKトリビュート KIDS' WANNA ROCK!』が発売された。.




子どもたちからの人気も高かった!!



「アイドル的な人気の一方で、シャウトやロカビリー歌手が声を裏返


して歌うような唱法など、海外のロックアーティストの唱法をうまく


取り入れ、歌謡曲と洋楽ロックの世界の橋渡しになるような存在。




 79年の『YOUNG MAN 』や84 年の『抱きしめてジルバ』など、


洋楽カバーのヒット曲も多く、コンサートでも様々な洋楽ロックを


カバーしていました。現在のヴィジュアル系バンドの唱法も、


元をたどればヒデキと通ずる部分はある。.

 


歌唱のテクニックだけにとどまらず、秀樹さんが一般に広めた




「パフォーマンス文化」は多い。




スタンドマイクを使ったパフォーマンスも、おそらく秀樹さんが最初。


ワンマンでの初の野球場コンサートもそうです。今では定番の、


コンサートにペンライトを導入し定着させたのも。




『YOUNG MAN』では、「ザ・ベストテン」で9週連続1位、この曲は番組


最高得点にして、どの歌手も獲得できなかった「9999点」も記録している。





 人気ドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)などでは俳優ととして、


『カックラキン大放送』や『8時だョ全員集合』などではコントに挑戦、


CMでは「ヒデキ、感激」のフレーズが印象深い「バーモントカレー」など、


幅広くお茶の間の人気者だった。




世代を超えて多くの人々に愛された秀樹さんの歌声を聞くことは、もうない。


わたしたちに、夢と感動と勇気をくれた西城秀樹さんのすばらしい功績を




本日はみなさまにお知らせいたしました。ホントにありがとう『秀樹さん』



あの世に行っても、『YOUNG・MAN』YMCA・・・大ファンの家内にも


聴かせてくださいね~。お疲れさまでした。安らかに・・・(ー_ー)




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

人気ボイストレーニングブログ



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-