FC2ブログ

【喉締め】高い声域が喉締めになる場合の練習法!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





method27_201805190932410c8.jpg




◆高い声域だと喉締めになる




低い声域だと喉を開いて歌うことが出来るけど高い声域だと、


喉が閉まってしまう人は本当に多いです。


その 理由は、息の使い方にあります。



高い声域を張り上げで出そうとすると確実に喉は閉まります、


『張り上げる』とは力が入り、たくさん息を強制的に送り込み


無理して高い声域を出そうとしている、と言うことです。




高い声域こそ力を抜いて優しく息を使う必要があるのです。


これは、腹式呼吸が出来ているからと言って、高い声域で喉が


開けるとは別のことなので注意しましょう。


張り上げになっている人は、特に優しく、低い声域の時と同じくらいの


息の強さで発声することを意識してください。




◆張り上げを治すために




もっとも有効な方法は、タンドリル(巻き舌)をマスターすることです。


舌をプルプルさせて、いわゆる巻き舌というものです。


タンドリルは舌が完全に脱力していないと上手く出来ません。


舌が完全に脱力している状態であれば、喉も開きやすいため


高い声域でも力を抜いて発声することが出来ます。


普段、張り上げで歌っている人はタングトリルで高い声域を出すことも


難しいと思いますが、これは慣れです。




タングトリルで高い声域を出すことが出来れば、その息の量で高い


声域を発声出来るようになります。



ただ、歌うということを意識すると力が入ってしまう場合があるため、


常にタングトリルをやっている時を意識するようにしましょう。


タンドリルでの音階練習や歌メロを追っかけてみましょう。


想像以上の効果が得られるかと思います。がんばりましょう。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

人気ボイストレーニングブログ



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新