FC2ブログ

【喉仏】高い声が出せるボーカリストは喉仏トレーニングをやってる!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。







胸骨甲状筋とは(甲状軟骨)喉仏を下に引っ張る筋肉とされます。




プロ・ボーカリストは喉仏を自由に動かすことができます。


喉仏を動かせるようになると、綺麗な高音が出せるようになるので、


そのために喉仏を自由に動かす練習をしているからです。




一般の人は、高音になるにつれて喉仏が上がってしまうのです。


すると、非常に苦しそうな声になってしまう状態になります。


なぜか、これは喉仏を動かす為の筋肉が鍛えられていないからです。



喉仏を動かす為の筋肉を、胸骨甲状筋といいます。


この筋肉はボイトレでは、絶対に鍛えるべき大事な筋肉です。



鍛えるためには、まずはこの筋肉の動きを自覚する必要があるのです。


喉仏に指を当て、色々な声を出してみたり、唾を飲み込んでみたりです。



およそ自覚できたら、次は喉仏に指を当てたまま『ガッガッガッ』と発音して


みましょう。発音するたびに喉仏が下に動くのがわかるでしょう。




『ガ行の発音』は、舌を口の奥に押し当て息を発する事で出る音であり、


胸骨甲状筋が最も緊張するものです。



また、喉の奥を大きく広げる感じイメージであくびの真似をするのも


効果があります。



ここまで慣れてきたら、いよいよ『喉仏を動かす練習』です。


・口を閉じ、舌が奥に引っ込まないようにし、喉の力のみで喉仏を下げる。


・ 喉仏以外の部分はなるべく脱力する。



・他の筋肉もムダな力を入れないようにする。



動かせるようになったら・・・



・しばらく喉仏を下げたままにして負荷をかけてみる。


・胸骨甲状筋がより良く鍛えられます。




・喉仏を下げたまま声を出す練習をしてみましょう。


・声を出す事で胸骨甲状筋が強い緊張状態になり、効率的に鍛えられる。




※むずかしいお話は横において、『ガッ・ガッ・ガッ・・・ガッ』を行なって


みてください。効果が出るかと思います。ガンバってください。(^o^)



ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

人気ボイストレーニングブログ



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新