【続記】5つの舌トレ・・・高い声を出すために『舌根をやわらかくする。舌トレ!!』

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





【続記】5つの舌トレ・・・高い声を出すために『舌根をやわらかくする。


舌トレ!!』が、テーマUPです。



今日も追記的なお話しとなりますが、ドンドン読み進んでください。



それでは、練習法の御紹介です。




(1)全身のストレッチ。


舌は身体の一部であり、筋肉であることを頭に置く。


それで、筋肉というのはあちこちお互いに連動する。


特に、肩凝り・首凝りは舌の硬化に影響する。




00c4066a3a9aebc779a8ddc563869b74.jpg




3ae5f9eabee16a4dc51ddc1c6b94978a-680x298.jpg

このように肩甲骨をほぐしてやると効果がでる。



※身体はほぐして弛めるに超したことはありません。




(2)大きく口を開け、喉仏ごと舌を上下させる。舌の柔軟体操。


”下げる”というよりも”落す”という表現くらいガバッと動かします。


慣れないうちは「オェ~ッ」となるが・・・。




(3)タングトリル&リップトリル。


一般的な練習ですが、口周りの脱力には効果的。


何度も紹介する定番のもの。




(4)大口を開けて、固定のままの発音練習。


『咲いた咲いたチューリップの花が・・・』を発音する。




唇や顎を使えない状態で発音する状態をつくることで、


舌の働きが活発化される。必ず喉は開いたまま発声する。




(5)舌を思いっきり出してアカンベーしたままの母音唱。


これは極めつけです。


舌の固い人は、基本的に舌を引っ込めて奥の方で固めています。


最初は、顎とか筋肉痛になるほど効きます。



どうぞ、お試しください。有効的な練習だから、実践あるのみです。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/




最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-