ボイトレ指導をやって、一番難しいのは・・・!?多発する抽象語(曖昧)の理解!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






31474815_199968527463169_8677374564163911680_n.jpg

これが、何なのか?私にはわからない・・・けど。





ボイトレ指導をやって、一番難しいのは・・・!?多発する抽象語(曖昧)


の理解!!が今回のテーマUPとなります。最後まで、よろしくご覧ください。




◆抽象語(曖昧)が氾濫している現実



例えば「腹から声を出して!」と言うのは簡単ですし、上級者には


それでわかるから問題ないのです。



しかし、「腹の何処を使うのか」「腹の何処をどのようにどういう順番で


動かすのか」「腹の何処には力を入れてはいけないのか」「腹を使う



ためには、腰から下・胸から上がどういう状態になっていないといけ


ないのか」…などなど、考えなくてはならないことは山ほどあります。





これらを「腹から声を出して!」の一言で説明できるわけですから、


こういう言葉はものすごく便利なのですが、同時に危険でもあります。





指導されている人は「腹から声を出しているつもり」なのに、指導する


人から見たら「腹から声が出ていない」と判断されるような場合、


どれだけ「腹から声を出して!」と繰り返し言っても無意味なわけで、


指導している人とされている人の間での「腹から声を出す」に関する


認識のずれ、認識と実態のずれを見つけ出し、修正しなければならない


わけです。





そういう場合に必要になってくることが、非常に面倒くさい作業です。


非常に面倒くさい作業なのですが、これを経ないと「再現性」という


ものは全然出てこなくて、「わかる人にはわかるし、わからない人には


一生わからない」指導になってしまいます。





◆抽象的(曖昧)な言葉を減らすのは意外とむずかしい




曖昧な言葉は、自身では「分かっている」つもりでいて、得意分野で


あるにもかかわらず、明確性を怠っている場所であったりする。




検証を怠っても練習には全く支障が出ない代わり、その分野では


「適当にやってくれればいいから」という指示が飛びそう。


生徒さんが慣れていると、場の「適当」は実際に上手に動いて、


明確な機会はますます遠のきます。




抽象的な説明・曖昧な言葉は「それを既にわかっている人」「当たり前を


共有している人」には有効なんだけれど、こと指導という点で考えると、


それは通用しないわけです。




なにしろ、「まだわかってない人」と「当たり前を共有する」ための言葉を


選ばなければならないわけで、抽象的な説明・曖昧な言葉を使って


上手くいくはずがありませんので・・・。




【ボイトレ指導者の方々、また、上級経験者の皆さまにお願い】




後進の育成や後輩の方々には、具体的な言葉で接してあげて


ください。いつも言うように、見えない身体の中、声も息もすべてが


見えませんので、わかる言葉に変換してお伝えください。


わかっているようでわからないのが、ボイトレです。


この、お願いは自分自身への反面教師とも思います。




ポチ!一日一回応援お願いします。(^o^)





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-