FC2ブログ

【理由】力を抜いた方がいい!!・・・という理由!?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。







毎日、緊張はとりましょう。緊張負債にならないように・・・!!





理由】力を抜いた方がいい!!という理由!?について検証が、


今回のテーマUPですが、読み進んでくださいね。





・声量が足りない。


・大きな声は出るが、長く続かない。



こういうケースは力が抜けないということです。


力任せに声を出している場合が多いのです。



というのは、身体に余分な力が入っていると、声は出なくなって


しまうのです。



声というのは、吐く息(呼気)を使って出すのですが、


これは『呼吸筋』の動きで行われるのです。




呼吸筋とは、横隔膜や外肋間筋などの筋肉が、緊張したり緩んだり


することで、肺呼吸がくり返し行われるのです。



しかし、『呼吸筋』というは、息を吐くための筋肉ではなく、


本来は、息を吸うための筋肉で、声を出すための筋肉ではないのです。





それじゃ、どうやって声が出るのかというと、空気を吸ったあと、


横隔膜が反発して呼吸筋が緩むときに声がついて出るわけなのです。



男性は主に腹式呼吸。女性は主に胸式呼吸といわれ、安静時はこの


二つの呼吸法を併用して呼吸をしているのです。



それじゃ、走ったあとに『ハア~ハア~』と肩を動かし呼吸するのは、


首の筋肉が呼吸の補助のために働くからです。





これは、普通にわたしたちが何も考えなくても自然にできています。



声を発するときには、走った後のように、『ハア~ハア~』のア~ア~


の呼び寄せる息というか、吸う息が強く必要となります。


これは、ドッグブレスに似ていますね。この時に、お腹も使うのですね。




~まとめ~




声を出す以外の呼吸というのは全て、呼吸筋を使って息を吸い込む


わけで、息を吐くときは筋肉が緩むのが普通なんです。


筋肉の緩みを持たせるために、柔軟やストレッチで柔らかく、ほぐし、


筋肉を固くしない、固い筋肉を柔らかくすることが必ず声の鳴りも良く


なるのです。




以前にも話しましたが、筋肉は連鎖するものです。


力が入って固着すると、隣の筋肉群も固くなります。


つながっているからということです。



ここの部分だけを使って後は、使わないというような動作は不可能です。


今回もご覧いただき感謝いたします。では、また、あした~♪




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/

人気ボイストレーニングブログ



最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別更新