FC2ブログ

歌が上手くて呼吸の上手な人は『ン〜プハァ!ハア~』ボビングをやっている!?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





4fd4e906d48b4e9dbce6212ba22f0101_s.jpg

水中のボビング・ブクブクができない・・・まだ不慣れかな?





歌が上手くて呼吸の上手な人は『ン〜プハッ』をやっている!?



◆水泳の練習法をいただく!!


調べて、一番良かったのは『ン~プハァ!ハア~』とするといいという


アドバイスです。




息継ぎをするときに、残っている息をまず『プハァ~』と吐いてから、


息を吸うというものです。




そうすると、口や鼻に水が入りませんし、息を吐き切ることで、


次の息を入れやすくなります。




息を吐き切らないところで、次の息を吸っても、十分に吸い込めず、


苦しくなってしまいます。




このとき、「あれ?これっボイトレや歌と同じだなあ」と思います。


優れたボーカリストは、息が長く、またブレスの仕方も上手いものです。




その一つに、『フレーズの終わりで息を吐く』というものがあります。


息継ぎをする前に、フレーズの最後で残っている息を『プハァ~』と吐いて、


『ハア~』と息を吸ってブレスをするのです。





歌が上手な歌い手さんの声をそばでよく聴くと、フレーズの終わりで、


ビールを飲み終わったときの『ン〜〜プハァ』という息がしています。




そして、その後、次のフレーズのために息を吸うのです。


長いフレーズで、途中で息を盗まず、休符やフレーズ終わりで『プハッ


ハア』がある人は『ええ~やるなあ~』と感じます。




歌うときの歌い方としては・・・フレーズの移りのところで。


プールで息をはく時の『・・・ン~プハァ~』と同じ感じです。


この『ハア~ha~』を多めにすると、どんどん色っぽい感じになります。




下手な人は、フレーズの終わりまで責任を持っていないので、大抵


この『プハァ~』がありません。




この『プハァ~』が良いところは、息をはくことで、次の息も入ってくると


いうことです。フレーズを息長く歌うコツでもあります。




息を吸うことも大切ですが、ぜひ『息を吐く』そして、『息を吐いて終わる』を


心がけてください。




歌が上手くて呼吸の上手な人は『ン〜プハァ!ハァ~』をやっている!?と


テーマUPしました。参考になりましたら、ぜひ実践に役立ててくださいね。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別更新