FC2ブログ

『下っ腹をハル!丹田をハル!』・・・体幹のハリで声が張る!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





ライザップゴルフ-520x245




ボイトレの方法では、下っ腹をハルという練習ほうがあります。


下っ腹・・・へそ下9センチの場所にある丹田という場所をハリながら


息をはく練習をします。




ゴルフをされる方が


「これ、ゴルフのショットを打つときも同じです。」


と話していました。


「打つときは、下腹をはる、ということです。リラックスしながら力が


発揮できるからです。



なるほどね、同じだったのですね。納得してしまいました。


つまり、何かの動作をすると、変なところに力みがきてしまいます。


でも、丹田をはることで、体幹を使えるようになり、余分な力が


ぬけて、パワーが発揮できるのです。




それは、声を出すときも同じです。





丹田をハルことで、横隔膜が使いやすくなり、のどに力みが


来なくなるのです。





酒屋さんが、腰の低い位置でしっかりと前掛けをしばっています。


あれは、重い酒瓶を運ぶときに、丹田に力が入りやすくしている


のだそうです。



引っ越し屋さんでもそうです、重い荷物を運ぶとき、息をはきながら


「ふんっ」と持ち上げますが、お腹はへこんでいません。




私は、最初なかなか丹田をはりながら発声することができませんでした。


そこで、骨盤ベルトをギュッとまきながら練習しました。


ベルトの圧力を押し返すように下腹をはって発声することで、声が


よくなるのです。




息を吸うときも、なるべく大きく身体にとりこむように吸うようにします。


今でも、時々は骨盤ベルトをしながら練習していますから。




ご覧いただき参考になりましたら、実践にお役立てください。ガンバ~♪





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新