FC2ブログ

『お腹パンパン呼吸法』が、いい発声の秘訣でしょう!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






pokkori_00.jpg





今日のボイトレ呼吸法は、・・・



1)鼻から大きく息を吸い込んで「お腹」全体を大きく膨らませる。



2)その膨らみ「全体」をしぼませないようにして息を吐く。



・・・というエクササイズをやってみましょう。



みぞおちや脇腹だけでなく、おへその辺りや下腹部なども思い切り



膨らませ、それをしぼませないように息を吐くのです。



・この呼吸法で深呼吸数回おこなう。



・30秒程度息を吐き続ける×数回。



・普段の発声練習を、この呼吸法でやってみる。



など、練習メニューはお好みです。





お腹の膨らみ具合を実感しにくい場合は、ベルトなどウエストに巻いて、



それを押し返すように息を吸い、息を吐くときにもさらに押し返すように



力を入れながら息を吐いてみましょう。





慣れてくれば、猫背にならないように注意する。




あと、腹(直)筋に力入れたらお腹は固まってしまうんで、



「腹筋(腹直筋)に力を入れる」のはダメですね。



当然、胸郭(肋骨で囲まれた空間)も狭めたらダメですね。



あとはまあ、全身が力まないように注意し、たまに伸びをしたり身体を


揺らしたりして無駄な力を抜きましょう。




これ・・・やってみると、意外と脇腹や背中、そして腰や「へその下」に


スゴイ力が入りますよね。




そして、腹圧(お腹より下の空間にかかる圧力)がスゴク強くなって、



お腹パンパンになりませんでしたか?





これが、いわゆる「丹田呼吸」の状態なのです。





この呼吸にどんなメリットがあるかというと、


・強い腹圧をかけることによって、強く安定したブレスが吐ける。


・強い腹圧と横隔膜を引き下げる力の拮抗状態を作ることで、


息のコントロールが自由自在になる。


・・・という2つが上げられます。





腹式呼吸で息を深く吸ったとき、横隔膜は下まで深く下がり、



横隔膜の上の空間(胸郭)にある肺に空気が入ります。




「腹式呼吸しているのに呼吸が安定しない」


「腹式呼吸しているのに全然息が続かない」



・・・などの悩みを持っている人は、ぜひ実践してみてください。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事などの情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-