FC2ブログ

ブレスは息の補給だけじゃない!!そこには、気持ちが乗らないと・・・!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。





mig_201806301607034c2.jpg




ブレス(息継ぎをふくめ)のタイミングって、どうなんでしょうか?




例えば、・・・



〇歌い出しや間奏後の歌い出しでは鼻ブレスも可能。



〇息継ぎのスペースがある時は、鼻でも口でもオッケー。




〇フレーズの隙間は口でちょっと、短いブレス。



〇ブレスの音をしっかり出したいところ。





〇控えめに吸いたいところ。



〇瞬時に、しっかり吸うブレス。





〇長いフレーズの前では、息の補給をする。



〇歌詞の間であえて切るようにブレスを入れる時もあり。




などなど。。。でしょうか。



そしてもう一つは、



語尾で息が苦しいのに、頑張って伸ばす必要はないのです。




けっこう、皆さん、語尾では、音を伸ばさなきゃ!と思っている人が多く、



息が苦しいのに声を出していることがあるのですが、苦しいときは



ムリしないで早めに終わって全然OKだと思います。





なので、



聴いていて、伸びやかに気持ちよく聴こえないなら、切ることですよ。



歌は、聴き手ありきだと思うのです。よく、ブログに紹介させてもらって



ますが、いざ、舞台に立ってしまうと我を失うのですよね。



歌うことに、必死の形相になっていませんか?



客席で聴いていると、じつに、辛いものがあります。



心地よく、気持ちよく、歌い手も聴き手も、同じ気持ちに一体に



なりたいのですよね。




同じ呼吸の感覚で、『阿吽(あうん)の呼吸』でしょうか?



口を開くときも、閉じるときも、不思議にいっしょである。という



意味もあるようです。つまりは、苦しい歌には、苦しさが伝わりますよ。




また、最後に、ブレスは息の補給という役割だけではありません。




何よりもあなたの気持ちそのものだと言えるのです。



そのブレスをいかにスムーズに、無理なく、ムダなく、効果的に使うか?


がとても重要なポイントになってくるのです。





今日は、ブレスに焦点を当てて取り上げてみましたが、まずココが



自然に出来ることが重要だと思うのです。




できることなら、自然なブレスで自由に歌いたいものですね。




つまり・・・まとめてみますと。




〇ブレスは、鼻ブレス、口ブレス、腹式呼吸、胸式呼吸、浅いブレス、



深いブレス、短いブレス長いブレス、音がするブレス、しないブレスなど、



その時々によって使い分ける。一定ではないのです。




〇自然なブレスが一番。実際に歌ってみて、どこでブレスを入れるか



、ベストなポイントを見つけてチェックする。確認は録音が最適。





〇歌詞の間でも吸えるところを見つけて、こっそり、吸おう。




〇ブレスは息の補給だけでなく、あなたの気持ちそのものです。



今日も参考になりましたら、実践でお役に立ててください。ガンバ~♪





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。


自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
月別更新
相互リンク
今月カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ一覧
全国の天気予報

-天気予報コム- -FC2-