95%の人は、本来の自分の声を使えていない!!

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






457539508-700x467.jpg


相手には、どのように聴こえているのか?





95%の人は、本来の自分の声を使えていない!!とテーマUP



していますが、『ウソでしょ?』と聞こえそうですが、ご一緒に



みていきましょう。





いい声で、発声しましょう!と言っても、いい声で発声できている



状態というのは、なかなか自分自身で体感できないものです。





例えば、陸上100メートル競技で9秒台を出すようなアスリートは



いったいどんな世界が見えているのか。



凡人には到底、不可能なのを承知で、人間が成し得る可能性の



限界に挑戦する選手の体感している世界とはどんなものか、



想像力を最大限に働かせてみることがあります。






陸上短距離走のトレーニングで、スピードを体感するトレーニングが



あるそうです。わからないと、トレーニングできないようです。




声もほとんどの人は、ご自分でいい声が流れている状態を知りません。



知らないので、『ただ単に喉で頑張ってしまい、良い声だと思い込み』



いい声を知らずに終わってしまうのです。





ホントはどんな人でも簡単に良い声が出るはずなのに、



残念なことです。





いい声で発声できている状態のとき、第一の条件として、なによりも



大事なのことは『声が出せている』のではないということを知るのです。




『息の流れに声が付いていく』ということを知ることなのですね。



ここを90%の人は勘違いしています。



ほとんどの人は、動揺して焦り、喉で、頑張ってしまい過ぎます。



一瞬は、大きな声が出るのですが、怒鳴っている状態に近いので



遠くまで聴こえませんし、すぐに疲れてしまい、元どおりになります。





私が、ボイトレで、なぜ横隔膜を用いるのかには、理由があります。



横隔膜は呼吸をつかさどる筋肉で、肺の下にあります。



横隔膜を鍛えることで、息が十分に流れ、良い声が出るのです。



この横隔膜を存分に使えているとき、身体がどのようになるか?




を、体感しているからです。




また、いい声で発声している人たちは、どのような世界なのか?



まずは、知っていますし、知ることが大事とわかっています。



・自分ってこんな声が出るの?



・何も、意識してないのに勝手に声が変わるの?




これを、体感することです。




横隔膜は、ピストンのように上下に動き、空気を流す役割を果たします。



このピストンがしっかり働けば、何もしなくとも声は出てしまうのです。



今回も、最後までおつき合いありがとうございました。



ぜひ、実践にお役だてくださいね。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-