歌い出し、音程が外れるのは口の開き方が良くない!!


こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






yjimageYPXEJUR6.jpg





歌が上手な人とそうでない人の差が著しいのは、メロディの開始、



またはフレーズの歌い始めにあるのです。
 



皆さん、たいていは最初の音がとれれば、その後は上手に歌えるのです。



最初の音のはずし方はだいたい決まっていて、大抵は音程を下からずり



上げるように歌っています。♭しているのです。



上からずり下げる人はほとんど聴いたことがありません。
 



上手な人というのは、絶対音感の有無に関わらず、



最初の音がピタリとはまります。 



なぜでしょうか?
 

 

大きな原因の一つに口の開け方のタイミングがあります。




これに気をつけるだけで、かなりの方がよくなります。
 


その方法とは、
 



ブレスをするとき、次の音の母音の形に口を開けながら息を吸います。



素早く口を開けて、次のメロディを待っているということですね。



極端に大きく開ける必要はありませんので、やりすぎなくても大丈夫です。




ブレスはあらかじめ口を開けて口から吸ってください。
 


なぜそうするのか?
 



それは、歌い始めたとき口を閉じた状態から開けながら歌うと、



音程が変化して聴こえてしまうからです。
 




試しに、口を閉じた状態から「あ~」と発声してみてください。



「うあ~」と聴こえて、音程が下からずり上がります。
 


口とブレスが間に合わず、全部のフレーズがこのような状態に



なってしまうと、他人には音を外しているように聴こえてしまいます。



本当は、ちゃんと歌えているだけに残念ですよね。



こういうクセがついてしまっている方は、まずはゆっくりと歌ってみて、



手鏡などで口の動きや開き方を確認してください。



特別なトレーニングは必要ありませんので、ぜひ今日から気をつけて



みることをおすすめします。




ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
わたしボイトレ馬鹿ブログ紹介

ken

Author:ken
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今まで、わたしがやってきた大きな声が出せないボイトレ馬鹿の練習法・経験談・日常生活でのボイトレ・カラオケ・ボイスケア・メンタルケア・読書情報・日々の出来事など満載に情報を発信しています。どうぞ、ゆっくり、最後までおつき合いをください。 

にほんブログ村人気ランキング
直近1週間分の最新ブログ案内
毎月別ブログ更新数の案内
相互リンクブログご紹介
前月・今月・翌月のカレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー分類と一覧表
全国の今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-