FC2ブログ

ボイトレでは、腹式呼吸はやればやるほどダメになる!?

こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。

ご覧いただき本当にありがとうございます。






Fotolia_121621379_Subscription_Monthly_M.jpg





ボイトレでは、腹式呼吸はやればやるほどダメになる!?



テレビを見ていると、サービス系のお仕事の研修場面が映されていた。



ちょうど、発声トレーニングをしていたのですが、お約束のように。



「息を吸って〜・・・お腹をふくらまして〜・・・息をはいて~・・・



お腹をへこませて〜・・・」を行っていました。




腹式呼吸法としては悪くないのですが、この方法では良い声は出る



ようにはなりません。



良い声を出そうと思ったら、お腹は凹ましてはいけません。



つねに、凹まさずに張りっぱなしなのです



他にも、腹筋運動をして頑張ったり、うるさく聞こえるように思い切り声を



張り上げたりするようなトレーニングも、声帯に力みがいってしまい、



良くありませんね。





声帯とは、なかなか思い通りに動いてくれない場所です。



だから,無意識に行った間違った方法からなかなか抜けられないのです。



やればやるほど声帯に悪い癖がついてダメになります。



声帯は非常にデリケートですので、無理矢理大声を出したりすれば、



すぐに疲労しますし、聞いているほうからすると、実際うるさい声だけで



良い結果につながりません。





横隔膜という肺の下にある呼吸をつかさどる筋肉だけが頑張るのであって、



他はすべてリラックスさせたいのです。



それをするには、力を入れずに自然にまっすぐに立って、丹田を張るだけ。



わたしたちは「リラックスして!!」と言われても、本当にリラックスさせる



ことは大変難しいのです。




ただ、この丹田を張るようにすると、横隔膜が使いやすくなり、



身体の他の部分がリラックスやすくなります。





例えばここに、


お皿の上にプリンが乗っていてプルプルとしています。



丹田はお皿で、身体はプリンになっているイメージです。



わたしも以前は、古い発声方法を習っていました。



これが良いとばかりに、ひたすら信じてやっていたのですが、



後になって悪い癖をとるのに長い時間かかってしまったのです。





※丹田=下腹、おへその下、7~9cmあたり。



この方法を行って、力まず丹田を張る感覚を覚えてくださいね。



1)壁に背中をつけて立つ。(座っての場合は、背もたれに背中をつけて。



2)顎を下げて口を開ける。肩を上げずに、下腹を張りながら「はあ~」と



大きく息を吸う。わかりにくい場合、軽く丹田を軽く押してもらい、それを



張り返すつもりで行う。

 


 
3)そのまま息を5秒とめる。丹田は張ったまま。



4)丹田を張ったまま「はあ~っ」と一気に息を吐く。

 
 
5)2)~4)を何回か繰り返す。出来るだけ丹田は「パン」と張った状態を



維持するように。





参考になりましたら、今日から実践でやってみてください。





ポチ!一日一回応援お願いしますね。\(^o^)/





最後までご訪問いただきありがとうございました。


この下↓枠内の関連記事も、良かったらご覧くださいね~。
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新