FC2ブログ

『感動の親子愛』

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今朝は、ポカポカ陽気でラッキーな日ですね。^^^



ホント・・・親子って近いから言えない『ごめんなさい』が^^^



これは、ある少女に起こったホントの物語です。





yjimagePW58M0FB.jpg




少女の家は流行らない小さな店で貧乏だった。



補いは母がパートに出て、何とか生計をたてていた。



学校からの集金が来るたび、いつも、母がため息をついていた。



それでも、小学校、中学校の頃までは、あまり何とも思わなかったが、



高校に入り、進学を考えた頃、両親とケンカすることが多くなったいた。



それは、美大に進みたく、本格的にこれから絵を描きたかった。



でも、進学するのに必要なお金が、どうしても、家にはなかった。



毎日、昼の自営の店、夜のパートと掛け持ちで働き、クタクタの



母親の姿そんな母に、ある日、娘はとんでもないことを言ってしまった。



『進学できないんだ!進学資金も出せなんじゃ、親失格だよ!』



『最低の親だ!!』と罵ってしまった。



冷静に、いま思えば、クタクタ。ボロボロ姿の母に 、残酷な言葉を


母は何も言わず泣いてい姿が、目にハッキリ焼きついている。




それからは、母はパート先にお願いして時間を長くしてもらって



いたそうだ。




そのせいで過労のため思いも寄らない突然の不慮なことが起きた。



仕事の帰宅時に、母は交差点の電柱にタイヤ跡のないまま激突した。




それがもとで、



帰らぬ人となり、毎日毎日、母に詫びる、泣きやまれない毎日毎日。




『ごめんなさい、私のせいで。。。』



そんな毎日のある日、いつものように泣きながら眠りについた。



夢か?と思い、そこに母が座っていた、泣きじゃくりながら抱きついた。



すると母は…



私の手を握り、『謝らなくてはいけないのは、お母さんだよ』



『ごめんね。泣いてばかりいるので、あなたが気に病むと悲しいから



お母さんは、大丈夫だからね、心配しないでね』そのとたん消えた。




父には、『直接会って話をしてやったら…』と母に言ったそうだが、



『もう会ってきました』と話したそうだった。



偶然にも、父の夢でも、母に出会っていた。



わたしの進学のための貯金が残されていた。



ギリギリの生活の中で、やりくりして本当に数百円の単位で毎月貯金



していた。



パートで増えた分はすべて貯金にまわす。



・・・それを何も知らない私はバカだった。



自分のことだけだった。思えば、母の笑った顔を見たのは



いつだっただろう?



私は、何一つ親孝行などしていない。母がいなくなってから、



後悔ばかりの毎日だった。



何の優しさも母にお返ししていない。



それなのになぜあれほど酷いことを言ったのか



そして、なぜ素直にすぐ謝れなかったのか。 



『謝りたい』心から母に謝りたかったのです.。^^^



この話を読み、大きな涙が溢れた、どこにもやり場のない親子の姿



に言葉にはできない思いがある。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新