FC2ブログ

ボイストレーナーによって変わる指導法!!

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




ボイストレーナーによって違う指導法を話してみます。




1)喉頭を中心としたコントロールする喉頭筋群のボイトレ




2)呼吸を中心としたブレスコントロールする呼吸筋群のボイトレ





トレーナーによって1と2の重点の違いでレッスンの内容の差が



生じる。





1)の喉頭派は、とても呼吸の事が曖昧。  




たとえば、腹式呼吸の説明も
 


「腹式呼吸は、寝ている時に行っている一番自然な呼吸法」
 


「自然な腹式呼吸」ができていれば特に問題はありません



「発声のための声帯にゆっくりと息を供給する腹筋の柔らかい動き」
  



とか・・・このような扱いの話しをしている。 



じつは、自然な睡眠時の腹式呼吸と発声の腹式呼吸とをはき



違えている。






2)の呼吸派は、身体と深い息と身体づくりから入る。
 



最初に息吐きを中心としたトレーニング。
 


喉は、無くても息から声を出す感覚にする。
 


腹式呼吸も体幹部、股関節まで及ぶ「息支え」の感覚や技術から
 


喉の自由度(開く)喉頭筋へと進む。




shutterstock_397574752-650x401.jpg

この立場の違いは、
 


アメリカ式の発声法の指導者は、1)の立場をとっているようだ。



欧米人と違い日本人の浅い呼吸・日本語の制約など

 

日本人の特性からの指導者は、2)立場をとっている。
 
 

私は、2)の提唱者として呼吸・息を大切に考える。



呼吸が100%を占めると思って呼吸派の存在。



欧米人は、すでに深い息なのです。共鳴の高い発声者が多いのだ。



日本人は、胸式の浅い息が日常生活の大半である。
 


欧米人は、既に、喉に力が入りにくい発音をしている。



日本人は、喉に力が入り易い日常の発音をしている。

        
 


個人の差にもよると思いますが、喉を力むクセのない人は



1)からでも いいのかと思うが、




また、 今はマイクの性能も良くパワーもさほど求められない。


ガンガンと大きな声を張り上げることも、いかにも引いてしまう。



ただ カラオケ愛好者で喉に力の入り易い人は、



2)から喉に代わる支え感・息支えの感覚が必要だと思う。




腹式呼吸は、決して「強い息」を作るために支えるのではない。



むしろ、胸部のリラックスと呼吸を体幹にわずかな力の合わせで担わせ



呼吸と喉の反応を良くするためと考える。



わたしは、声を鳴らすことから始めません、息を整えコントロール



することから、わたしたち日本人は、馴染んでいくことが、




胸式呼吸から腹式呼吸に、さらには、腹式発声につながると信じて



呼吸や息のテーマが多いということをご納得ください。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新