FC2ブログ

わたし、先生にとって『いい生徒』??

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





P9080274.jpg




先生が教えたいと思う生徒はどのような生徒だろうか?



まず結論からさきに言うと・・・



(1)教えたことを素直に、まじめに、努力して、やってくれる生徒。



そして



(2)教えたことを自分で応用してきて、わからないと質問をしてくる生徒。




自主練をやりながら、できないことは質問をくり返してくる生徒。



この2つかな?



とくに、質問をしてくる生徒は教えがいがあると感じ、ドンドン教えますが、



ただ、先生に困らせ質問をしてくる生徒は苦手だよね。



ホントに生徒が困って、悩んで、苦しんでいると訴えることがある。



それで、困った質問は有意義なもの、ある意味、トレーナーの



手腕を発揮する場面となるね。




それと、また・・・。



教えていることと違ったことを自分でやっている生徒も苦手だよ。



学んで欲しい事があって、それを体系的に教えているのに、



全然違うことをレッスン中にされると戸惑ってしまうね。



これは誤解が生じるかもしれないが、先生としては



『素直に言うことを聞いて欲しい』といつも思っていると



わかってください。




それでまた、『素直に学んで欲しい』と思うこれが願いでね。



これに対する生徒の態度として正解なのは



『知っていることでも、知らないという態度とる』ことか。



そんなこと、知ってるという言動は気分的にもマイナスで。



トレーナーは、知識がない生徒に知識を教えることが好き。



できない生徒にできるように教えることが大好き。




そして教えたことはきちんと復習して覚えていく生徒が大好き。



知識があった場合でも、復習をするつもりで聞いている姿勢も必要な



ことであると思ってほしい。



これに、対して『そんなことは知っている』という態度を取られると、



それじゃ、できるのか?できるんだね!



ということになり、、素直な人とそうでない人に対しては態度が



違ってくるのは、感情がある人間として当然と考えてほしい。



もちろん、貰ったお金くらいのことはお教えできるが、それ以上と



なるとどうかなという感じにもなる先生もいるようだ。



わたしは生徒となった時には、これらのことを心がけるように



していた。



わたしの主観かもしれませんが、ご参考にして先生にドンドンと



知識と経験や技術を出してもらって、自分も吸収してください。




先生の引き出しをいっぱいいっぱい使わせてほしいね。




いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新